ユーザ用ツール

サイト用ツール


publications

2017年度の発表論文

論文誌

  1. Hideaki Ohashi, Toshiyuki Shimizu, Masatoshi Yoshikawa, “Flexible and Fast Similarity Search for Enriched Trajectories”, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E100-D, No.9, pp.2081-2091, Sep. 2017. Link
  2. 伊藤博典, 浅野泰仁, 吉川正俊, “1教師1生徒対話形式教育用脚本の自動生成”, 電子情報通信学会論文誌, VOL.J101-D, NO.3, pp.539-548, Mar. 2018.

国際会議・ワークショップ

  1. Xinpeng Zhang, Yasuhito Asano and Masatoshi Yoshikawa, “Mutually beneficial Confluent Routing”, TKDE Poster Session in 33nd IEEE International Conference on Data Engineering (ICDE2017), San Diego, California, April 19-21, 2017. Link
  2. Yang Cao, Masatoshi Yoshikawa, Yonghui Xiao and Li Xiong, “Quantifying Differential Privacy under Temporal Correlations”, 33nd IEEE International Conference on Data Engineering (ICDE2017), San Diego, California, April 19-21, 2017. preprint Link
  3. Juyeong Park, Masatoshi Yoshikawa, Hiroyuki Kato, “Cell-based Provenance for Scientific Data”, the 16th ACM/IEEE-CS on Joint Conference on Digital Libraries (JCDL2017) (poster), Toronto, Canada, June 19-23, 2017. (to appear)
  4. Yijun Duan, Adam Jatowt and Katsumi Tanaka, “Discovering Typical Histories of Entities”, The 28th ACM Conference on Hypertext and Social Media (ACM HT 2017), Prague, Czech Republic, July 4-7, 2017. Link
  5. Hironori Ito, Yasuhito Asano and Masatoshi Yoshikawa, “Automatic Generation of Plot for Education by Teacher–Student Dialogue Style”, 2017 International Conference on Education and Multimedia Technology (ICEMT 2017), Singapore, July 9-11, 2017. (to appear)
  6. YONG Sopheaktra, Yasuhito Asano, “Mining Relationship between User Purposes and Product Features towards Purpose-Oriented Recommendation”, The Second International Conference on Data Mining and Big Data (DMBD2017), Fukuoka, Japan, July 27 - August 1, 2017. Link
  7. Chenyi Zhuang, Nicholas Jing Yuan, Ruihua Song, Xing Xie, Qiang Ma, “Understanding People Lifestyles: Construction of Urban Movement Knowledge Graph from GPS Trajectory”, The 26th International Joint Conference on Artificial Intelligence (IJCAI 2017), Melbourne, Australia, August 19-25, 2017. (to appear)
  8. Suppanut Pothirattanachaikul, Takehiro Yamamoto, Sumio Fujita, Akira Tajima, Katsumi Tanaka, “Mining Alternative Actions from Community Q&A Corpus for Task-Oriented Web Search”, IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligence (WI 2017), Leipzig, Germany, August 23-26, 2017 (to appear).
  9. Wiradee Imrattanatrai, Makoto P. Kato, Katsumi Tanaka, “Entity Search by Leveraging Attributive Terms in Sentential Queries over RDF Data”, IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligence (WI 2017), Leipzig, Germany, August 23-26, 2017 (to appear).
  10. Rafael Lopez Garcia, Makoto P. Kato, Katsumi Tanaka, “A Propagation-based Method of Estimating Students’ Concept Understanding”, International Conference on Social Informatics (SocInfo 2017), Oxford, United Kingdom, September 13-15, 2017 (to appear).
  11. Kenki Nakamura, Qiang Ma, “Context-aware Image Generation by using Generative Adversarial Networks” (MLCSA-09), Taichung, Taiwan, December 11-13, 2017 (to appear).

国内研究会・ワークショップ等

  1. 中野優, 清水敏之, 吉川正俊, “サーベイ論文の節構造を用いたタグ付けの検討”, 第10回Webとデータベースに関するフォーラム(WebDB Forum 2017), 2017年9月20日.
  2. 大橋英明, 清水敏之, 吉川正俊, “基準例を用いた主観評価からのバイアス軽減に向けて”, 2017年度情報処理学会関西支部支部大会, 2017年9月25日.
  3. 戴憶菱, 浅野泰仁, 吉川正俊, “職業を意識した学習意欲の促進に向けた標準カリキュラムと求人情報の関連付け”, 2017年度情報処理学会関西支部支部大会, 2017年9月25日.
  4. 戴憶菱, 浅野泰仁, 吉川正俊, “標準カリキュラムを用いた求人情報からの対応知識の抽出”, 第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2018), 2018年3月4日.
  5. 三枝守輝, 加藤誠, 浅野泰仁, “組合せ依存型ランキング学習 - 競馬への応用事例”, 第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2018), 2018年3月4日.
  6. 吉原拓海, 加藤誠, 吉川正俊, “生成モデルに基づくギター楽譜の演奏難易度推定”, 第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2018), 2018年3月4日.
  7. 藤岡周平, 加藤誠, 吉川正俊, “量的データ集約のための属性の同一性判定”, 第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2018), 2018年3月4日.
  8. 加藤 誠, 山本 岳洋, 真鍋 知博, 西田 成臣, 藤田 澄男, “コミュニティQ&Aサイトにおける質問検索システムの大規模オンライン評価”, 第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2018), 2018年3月4日.
  9. 大島 裕明, 山本 祐輔, 山本 岳洋, 加藤 誠, 神門 典子, 川上 浩司, “レビュー情報検索サイトにおける不便の効用に関する検討”, 第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2018), 2018年3月4日.
  10. 劉子茂,馬強,“ソーシャルトレーディングサービスにおける個人化ポートフォリオの最適化”,第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2018), 2018年3月4日.
  11. 孫 俊傑, Chenyi Zhuang, ​馬 強, “ユーザ移動履歴を用いた個人化観光ツアーの推薦”, 第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2018),​ 2018年3月4日.
  12. 大橋英明, 清水俊之, 吉川正俊, “MOOCにおける相互評価のための適応的な割り当て手法”, 第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2018),​ 2018年3月4日.
  13. Yijun Duan, Adam Jatowt, “Typicality-focused comparative analysis of entities”, 第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2018),​ 2018年3月4日.
  14. 伊藤博典, 浅野泰仁, “マンガ制作支援に向けたメタデータモデル”, 第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2018), 2018年3月4日.
  15. 桐畑誠, 馬強, “トレンドを考慮した投資信託商品の大局的な要因分析”, 第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2018), 2018年3月4日.

博士論文

修士論文

  • Suppanut Pothirattanachaikul, A Study on Mining Alternative Actions from Community Q&A Corpus for Task-OrientedWeb Search, Master Thesis, Department of Social Informatics, Graduate School of Informatics, Kyoto University.
  • Wiradee Imrattanatrai, Entity Ranking for Queries with Modifiers based on Knowledge Bases and Web Search Results, Master Thesis, Department of Social Informatics, Graduate School of Informatics, Kyoto University.
  • 中野 優: “Tagging Scholarly Papers Using Taxonomy in Survey Articles” 京都大学 情報学研究科 社会情報学専攻 修士論文

卒業論文

  • 前田 侑亮 : “学童向けの図書推薦” 京都大学 工学部 情報学科 卒業論文
  • 藤岡 周平 : “量的データを表す属性の同一性判定” 京都大学 工学部 情報学科 卒業論文
  • 吉原 拓海 : “生成モデルに基づくギター楽譜からの演奏難易度推定” 京都大学 工学部 情報学科 卒業論文
  • 大森 弘樹 : “関係データベースにおけるデータ分析支援のためのクエリログ利用に関する研究” 京都大学 工学部 情報学科 卒業論文
  • 桐畑 誠 : “トレンドを考慮した投資信託商品の要因分析に関する研究” 京都大学 学部 情報学科 卒業論文

過去の発表論文

publications.txt · 最終更新: 2018/04/18 13:53 by ylab