ユーザ用ツール

サイト用ツール


publications-2005

2005年度の発表論文

論文誌

  1. Toshiyuki Shimizu and Masatoshi Yoshikawa, “Full-Text and Structural Indexing of XML Documents on B+ Tree,” IEICE Transactions on Information and Systems, Vol. E89-D, No. 1, pp. 237-247, January 2006.

国際会議・ワークショップ

  1. Toshiyuki Shimizu and Masatoshi Yoshikawa, “Full-Text and Structural XML Indexing on B+ Tree,” 16th International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2005), Copenhagen, Denmark, August 24, 2005.
  2. Kei Fujimoto, Toshiyuki Shimizu, Dao Dinh Kha, Masatoshi Yoshikawa and Toshiyuki Amagasa, “A Mapping Scheme of XML Documents into Relational Databases using Schema-based Path Identifiers,” International Workshop on Challenges in Web Information Retrieval and Integration (WIRI 2005), Tokyo, Japan, April 8, 2005.
  3. Naotake Kitagawa and Masatoshi Yoshikawa, “A Study on Efficient Access Control for XML Documents,” International Special Workshop on Databases For Next Generation Researchers (SWOD 2005).
  4. Mingqiang Chen and Masatoshi Yoshikawa, “Managing XML Documents with Time Certification using Databases,” International Special Workshop on Databases For Next Generation Researchers (SWOD 2005).

国内研究会・ワークショップ等

  1. 江田 毅晴, 清水 敏之, “XMLデータベース技術に関する研究動向 - 研究の流れとXML索引付け -,” 電子情報通信学会第17回データ工学ワークショップ (DEWS 2006) 論文集, 1C-t1, 2006年3月1日. (ミニサーベイ)
  2. 北川直毅,吉川正俊, “粒度の細かいアクセス制御のロールの扱いと高速化に関する研究,” 電子情報通信学会第17回データ工学ワークショップ (DEWS 2006) 論文集, 6B-i8, 2006年3月.
  3. 藤本圭, 清水 敏之, 波多野 賢治, 鈴木 優, 天笠 俊之, 絹谷 弘子, 吉川 正俊, “XML情報検索システムとその高速化に関する研究,” 電子情報通信学会第17回データ工学ワークショップ (DEWS 2006) 論文集, 6B-i10, 2007年3月3日.
  4. 藤本 圭, 杉木 健二, 清水 敏之, 松原 茂樹, 天笠 俊之, 波多野 賢治, 吉川 正俊, “XML を用いた論文検索システム,” 第28回電子図書館ワークショップ (DLW28), 2005年8月24日.

修士論文

  1. Kei Fujimoto: “A Study on XML Document Retrieval and its Application System,” 名古屋大学 情報科学研究科 社会システム情報学専攻 修士論文
  2. Naotake Kitagawa: “A Study on Efficient Role-Based Access Control for XML Data,” 名古屋大学 情報科学研究科 社会システム情報学専攻 修士論文
  3. Mingqiang Chen: “Long Term Electronic Signatures using Timestamps,” 名古屋大学 情報科学研究科 社会システム情報学専攻 修士論文

卒業論文

  1. 毛受 崇: “プレゼンテーション文書から抽出した知識を用いた柔軟な検索に関する研究,” 名古屋大学 工学部 電気電子情報工学科 卒業論文
publications-2005.txt · 最終更新: 2011/11/25 02:12 by ylab