ユーザ用ツール

サイト用ツール


publications-2006

2006年度の発表論文

論文誌

  1. 清水 敏之, 鬼塚 真, 江田 毅晴, 吉川 正俊, “XMLデータの管理とストリーム処理に関する技術,” 電子情報通信学会論文誌, Vol. J90-D, No. 2, pp. 159-184, 2007年2月. (サーベイ論文)
  2. Mizuho Iwaihara, Ryotaro Hayashi,Somchai Chatvichienchai, Chutiporn Anutariya and Vilas Wuwongse, “Relevancy Based Access Control and Its Evaluation on Versioned XML Documents,” ACM Transactions on Information and Systems Security, Vol. 10, No. 1, Feb. 2007.
  3. Dao Dinh Kha and Masatoshi Yoshikawa, “An Efficient Schema-Based Technique for Querying XML Data,” IEICE Transactions on Information Systems, Vol. E89-D, No. 4, pp. 1480-1489, April 2006.

国際会議・ワークショップ

  1. Toshiyuki Shimizu, Norimasa Terada and Masatoshi Yoshikawa, “Kikori-KS: An Effective and Efficient Keyword Search System for Digital Libraries in XML,” 9th International Conference on Asian Digital Libraries (ICADL 2006), Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Springer-Verlag, Vol. 4312, pp. 390-399, Kyoto, Japan, November 29, 2006.
  2. Somchai Chatvichienchai and Mizuho Iwaihara, “Detecting Information Leakage in Updating XML Documents of Fine-Grained Access Control,” Proc. 17th Int. Conf. Database and Expert Systems Applications (DEXA2006), Lecture Note in Computer Science 4080, pp.286-296, Krakow, Sep. 2006.
  3. Sanjay Mittal, Rahul Gupta, Mukesh Mohania, Shyam Kumar Gupta, Mizuho Iwaihara and Tharam Dillon, “Detecting Frauds in Online Advertising Systems,” Proc. 7th Int. Conf on E-Commerce and Web Technologies (EC-Web2006), Lecture Note in Computer Science 4082, pp.222-231, Krakow, Sep. 2006 (best paper).
  4. Kei Fujimoto, Toshiyuki Shimizu, Kenji Hatano, Toshiyuki Amagasa, Hiroko Kinutani and Masatoshi Yoshikawa, “An Implementation of High-Speed and High-Precision XML Information Retrieval System on Relational Databases,” Initiative for the Evaluation of XML Retrieval 2005 (INEX2005) May, 2006.
  5. Sourav S. Bhowmick, Le Gruenwald, Mizuho Iwaihara and Somchai Chatvichienchai, “PRIVATE-IYE: A Framework for Privacy Preserving Data Integration,” Proc. 2nd Int'l Workshop on Privacy Data Management (PDM 2006), in conjunction with ICDE2006, IEEE Press, April 2006.

国内研究会・ワークショップ等

  1. 小林 卓弥, 吉川 正俊, “Blogの表層的特徴と格フレームを利用したBlog文書からの訪問場所名詞の獲得,” 電子情報通信学会第18回データ工学ワークショップ (DEWS 2007) 論文集, C3-2, 2007年3月.
  2. 米井 由美, 岩井原 瑞穂, 吉川 正俊, “学習によるXML文書のコンテンツベースフィルタリング,” 電子情報通信学会第18回データ工学ワークショップ (DEWS 2007) 論文集, A7-3, 2007年3月.
  3. 毛受 崇, 江田 毅晴, 山室 雅司, “PLSIを用いたSBMユーザとタグの関連の可視化,” 電子情報通信学会第7回Webインテリジェンスとインタラクション研究会論文集, 2006年11月.
  4. 井ノ口 伸人, 吉川 正俊, “アクセス履歴を考慮したファイル間の関連度を用いたデスクトップ検索,” 電子情報通信学会技術研究報告 (DBWS 2006), Vol. 106, No. 148, pp. 115-120, 2006年7月.
  5. 寺田 憲正, 清水 敏之, 吉川 正俊, “内容と構造を指定したXML文書検索,” 電子情報通信学会技術研究報告 (DBWS 2006), Vol. 106, No. 148, pp. 157-162, 2006年7月12日.

修士論文

  1. Nobuto Inoguchi: “A Desktop Search System Using Operational History of Files,” 名古屋大学 情報科学研究科 社会システム情報学専攻 修士論文
  2. Norimasa Terada: “A Study on XML Document Retrieval based on Content and Structure,” 名古屋大学 情報科学研究科 社会システム情報学専攻 修士論文

卒業論文

  1. 小林 卓弥: “Blogの表層的特徴と格フレームを利用したBlog文書からの訪問場所名詞の獲得,” 京都大学 工学部 情報学科 卒業論文
  2. 高橋 慧: “XMLを利用した論文探索システムのインタフェースに関する研究,” 京都大学 工学部 情報学科 卒業論文
  3. 米井 由美: “学習によるXMLのコンテンツベースフィルタリング,” 京都大学 工学部 情報学科 卒業論文
publications-2006.txt · 最終更新: 2011/11/25 02:05 by ylab