ユーザ用ツール

サイト用ツール


publications-2008

2008年度の発表論文

論文誌

  1. 牛場 祐貴, 岩井原 瑞穂, 吉川 正俊, “XML文書のアクセス制御におけるロール階層を考慮したルール簡略化とルール変更操作の局所化,” 日本データベース学会論文誌, Vol.7, No.1, pp.49-54, 2008年6月.
  2. 村上 耕平, 岩井原 瑞穂, Gail-Joon Ahn, 吉川 正俊, “アイデンティティ管理におけるプライバシー属性オントロジを用いた開示属性の分類,” 日本データベース学会論文誌, Vol.7, No.1, pp.55-60, 2008年6月.
  3. 米井 由美, 岩井原 瑞穂, 吉川 正俊, “XML文書における構造の素性を用いた照応による人物検索,” 日本データベース学会論文誌, Vol.7, No.1, pp.151-156, 2008年6月.
  4. 清水 敏之, 吉川 正俊, “XML情報検索における利得と閲覧コストに基づく検索結果の取得と評価,” 情報処理学会論文誌:データベース (TOD), Vol.1, No.1, pp.1-12, 2008年6月.
  5. 川本 淳平, 吉川 正俊, “放送暗号とクラスタリングを用いたデータ共有型Webアプリケーションにおけるプライバシ保護,” 情報処理学会論文誌:データベース (TOD), Vol.1, No.1, pp.79-87, 2008年6月.
  6. Yasuhito Asano, Yu Tezuka, Takao Nishizeki, “Improvements of HITS Algorithms for Spam Links,” IEICE Transactions 91-D(2): pp.200-208, Feb. 2008.

国際会議・ワークショップ

  1. Xinpeng Zhang, Yasuhito Asano, and Masatoshi Yoshikawa, “Visualized Elucidations of Ranking by Exploiting Object Relations,” Third International Workshop on Ranking in Databases (DBRank 2009), Shanghai, China, March 29, 2009.
  2. Junpei Kawamoto and Masatoshi Yoshikawa, “Security of Social Information from Query Analysis in DaaS,” The Second International Workshop on Privacy and Anonymity in the Information Society (PAIS'09), Saint-Petersburg, Russia, March 22, 2009.
  3. Akira Takahashi, Masashi Tatedoko, Hiroko Kinutani, and Masatoshi Yoshikawa, “Metadata Management for Integration and Analysis of Earth Observation Data,” The 3rd International Conference on Ubiquitous Information Management and Communication (ICUIMC 2009), Suwon, Korea, January 15-16, 2009.
  4. Akira Takahashi, Hiroko Kinutani, and Masatoshi Yoshikawa, “Conceptual Data Modeling for Integration of Earth Observation Data,” International Symposium: Fifty Years after IGY - Modern Information Technologies and Earth and Solar Sciences -, Ibaraki, Japan, November 10-13, 2008.
  5. Mizuho Iwaihara, Kohei Murakami, Gail-Joon Ahn, and Masatoshi Yoshikawa, “Risk Evaluation for Personal Identity Management Based on Privacy Attribute Ontology,” 27th International Conference on Conceptual Modeling (ER2008), LNCS 5231, pp. 183-198, Barcelona, Spain, Oct 2008.
  6. Seiichi Kondo, Mizuho Iwaihara, Masatoshi Yoshikawa, and Masashi Torato, “Extending RBAC for Large Enterprises and its Quantitative Risk Evaluation,” The 8th IFIP Conference on e-Business, e-Services, and e-Society (I3E 2008), Tokyo, pp. 99-112, Sep 2008 (best paper award).
  7. Qiang Ma and Masatoshi Yoshikawa, “Ranking People Based on Metadata Analysis of Search Results”, LNCS 5176, Web Information Systems Engineering -WISE 2008 Workshops (E-BAG2008), pp. 48-60, Auckland, New Zealand, Sep 2008.
  8. Takeharu Eda, Masatoshi Yoshikawa, and Masashi Yamamuro, “Locally Expandable Allocation of Folksonomy Tags in a Directed Acyclic Graph,” the Ninth International Conference on Web Information Systems Engineering(WISE'08), Auckland, New Zealand, Sep 2008.
  9. Yumi Yonei, Mizuho Iwaihara, and Masatoshi Yoshikawa, “Person Retrieval on XML Documents by Coreference Analysis Utilizing Structural Features,” in Proc. 19h Int. Conf. Database and Expert Systems Applications (DEXA2008), Lecture Note in Computer Science 5181, pp. 552-565, Turin, Sep. 2008.
  10. Junpei Kawamoto, Qiang Ma, and Masatoshi Yoshikawa, “Reducing Data Decryption Cost by Broadcast Encryption and Account Assignment for Web Applications,” the Ninth International Conference on Web-Age Information Management(WAIM'08), Zhangjiajie, China, July 20-22, 2008.
  11. Yasuhito Asano, Yuya Miyawaki, and Takao Nishizeki, “Efficient Compression of Web Graphs,” the 14th Annual International Computing and Combinatorics Conference (COCOON'08), LNCS 5092, pp. 1-11, Dalien, China, June, 2008.
  12. Xinpeng Zhang and Masatoshi Yoshikawa, “Querying RDF Data using Dynamic Concise Bounded Description,” Intenational Workshop on Information-explosion and Next Generation Search (INGS 2008), Shenyang, China, April 26, 2008.
  13. Umaporn Supasitthimethee, Toshiyuki Shimizu, Masatoshi Yoshikawa, and Kriengkrai Porkaew, “An Extension of LCA based XML Keyword Search”, International Workshop on Information-explosion and Next Generation Search (INGS 2008), Shenyang, China, April 26, 2008.
  14. Takashi Menjo and Masatoshi Yoshikawa, “Trend Prediction in Social Bookmark Service Using Time Series of Bookmarks,” WWW2008 Workshop on Social Web Search and Mining(SWSM2008), Beijing, China, April 22, 2008.

国内研究会・ワークショップ等

  1. 島田 裕司, 浅野 泰仁, 吉川 正俊, “Wikipediaを用いた事象の日付情報の推定,” 第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2009).
  2. 桐谷 雄介, 馬 強, 吉川 正俊, “エンティティ検索支援のための知識ベースを用いたWebページ分類,” 第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2009).
  3. 石井 裕志, 馬 強, 吉川 正俊, “因果関係ネットワークの構築によるニュースの理解支援,” 第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2009).
  4. 石田 晋, 馬 強, 吉川 正俊, “ニュースサイトによる人物や組織に関する記述の特徴分析,” 第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2009).
  5. 牛場 祐貴, 岩井原 瑞穂, 吉川 正俊, “XMLデータベースのロール階層を考慮したアクセス制御におけるルールサマリを用いた高速化,” 第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2009).
  6. 立床 雅司, 高橋 慧, 齊藤 昭則, 吉川 正俊, “Wikipediaのリンク構造に基づく関連度を利用したコンテンツ検索手法と地球科学データへの応用,” 第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2009).
  7. 押野 泰平, 浅野 泰仁, 吉川 正俊, “時系列データを用いたWebグラフマイニング,” 第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2009).
  8. 本村 徹太郎, 岩井原 瑞穂, 吉川 正俊, “バージョン化されたXML文書に対する問合せの書き換え規則,” 第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2009).
  9. 立床 雅司, 高橋 慧, 絹谷 弘子, 吉川 正俊, “メタデータレジストリフレームワークの構築,” 第13回Webインテリジェンスとインタラクション研究会.
  10. 馬 強, 吉川 正俊, “話題と視点に基づくニュースコンテンツの多様性分析システム”, 第13回Webインテリジェンスとインタラクション研究会, pp. 19-24, 2008.
  11. 高橋 慧, 立床 雅司, 絹谷 弘子, 吉川 正俊, “地球科学データアノテーションシステムの構築,” 第13回Webインテリジェンスとインタラクション研究会.
  12. 村上 耕平, 岩井原 瑞穂, Gail-Joon Ahn, 吉川 正俊, “アイデンティティ管理におけるリスク評価に基づくプライバシー属性の開示判断支援,” Webとデータベースに関するフォーラム (WebDBフォーラム'08), 情報処理学会シンポジウムシリーズ, Vol.2008, No.2, 2B-3.
  13. 高橋 慧, 絹谷 弘子, 吉川 正俊, “地球観測データ統合解析のためのデータ系譜とアノテーションのモデル化,” 情報処理学会 研究報告「データベースシステム」(iDBフォーラム 2008), Vol. 2008, No. 88, pp. 25-30. (学生奨励賞受賞)
  14. 川本 淳平, 吉川 正俊, “データベースアウトソーシングにおける問合せ解析からの社会的情報漏洩防止,” 情報処理学会 研究報告「データベースシステム」(iDBフォーラム 2008), Vol. 2008, No. 88, pp. 79-84.
  15. 川本 淳平, 吉川 正俊, “データベースアウトソーシングにおける社会的情報漏洩防止,” 電子情報通信学会 技術研究報告「データ工学」(iDBフォーラム 2008), Vol.108, No. 211, pp. 13-14.

修士論文

  1. Junpei Kawamoto: “Security of Social Information in Database As a Service Model,” 京都大学 情報学研究科 社会情報学専攻 修士論文
  2. Kohei Murakami: “Risk Evaluation for Personal Identity Management Based on Privacy Attribute Ontology,” 京都大学 情報学研究科 社会情報学専攻 修士論文
  3. Akira Takahashi: “Metadata Management System for Integrated Use of Earth Observation Data,” 京都大学 情報学研究科 社会情報学専攻 修士論文
  4. Yumi Yonei: “Coreference Analysis on Structured Documents by Integrating Linguistic and Structural Features,” 京都大学 情報学研究科 社会情報学専攻 修士論文
  5. Xinpeng Zhang: “A Generalized Flow based Analysis of Relations,” 京都大学 情報学研究科 社会情報学専攻 修士論文

卒業論文

  1. 石井 裕志: “因果関係ネットワークの構築によるニュースの理解支援,” 京都大学 工学部 情報学科 卒業論文
  2. 石田 晋: “ニュースサイトによる人物や組織に関する記述の特徴分析,” 京都大学 工学部 情報学科 卒業論文
  3. 押野 泰平: “時系列データを用いたWebグラフマイニング,” 京都大学 工学部 情報学科 卒業論文
  4. 本村 徹太郎: “バージョン化されたXML文書に対する問合せの書き換え規則,” 京都大学 工学部 情報学科 卒業論文
publications-2008.txt · 最終更新: 2011/11/25 01:04 by ylab