ユーザ用ツール

サイト用ツール


publications-2009

2009年度の発表論文

論文誌

  1. Akira Takahashi, Masashi Tatedoko, Toshiyuki Shimizu, Hiroko Kinutani, and Masatoshi Yoshikawa, “Metadata Management for Integration and Analysis of Earth Observation Data,” Journal of Software, Vol. 5, No. 2, pp. 168-178, February 2010.
  2. 近藤 誠一, 岩井原 瑞穂, 吉川 正俊, 虎渡 昌史, “異種分散環境におけるロールベースアクセス制御の定量的リスク評価,” 情報処理学会論文誌, Vol. 50, No. 11, pp. 2727-2739, 2009年11月.
  3. 松原 靖子, 櫻井 保志, 吉川 正俊, “大量頻度分布データのための高速探索アルゴリズム,” 情報処理学会論文誌:データベース (TOD), Vol.43, 2009年9月.
  4. Umaporn Supasitthimethee, Toshiyuki Shimizu, Masatoshi Yoshikawa, and Kriengkrai Porkaew, “XSemantic: An Extension of LCA Based XML Semantic Search,'' IEICE Transactions on Information and Systems, Vol. E92-D, No. 5, pp. 1079-1092, May 2009.
  5. Yasuhito Asano, Yuya Miyawaki and Takao Nishizeki, “Efficient Compression of Web Graphs”, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol. E92-A, No. 10 2454-2462, Oct 2009.

国際会議・ワークショップ

  1. Umaporn Supasitthimethee, Toshiyuki Shimizu, Masatoshi Yoshikawa, and Kriengkrai Porkaew, “Meaningful Interrelated Object Tree for XML Keyword Search,” 2nd International Conference on Computer and Automation Engineering (ICCAE 2010), pp. 339-344, Singapore, February 27, 2010.
  2. Mika Ichino, Hiroko Kinutani, Masafumi Ono, Toshiyuki Shimizu, Masatoshi Yoshikawa, Kooiti Masuda, Kazuyo Fukuda, and Haruko Kawamoto, “A Document Centric Metadata Registration Tool Constructing Earth Environmental Data Infrastructure,” AGU Fall Meeting 2009 (Session IN23B), San Francisco, California, USA, December 15, 2009. (poster)
  3. Shin Ishida, Qiang Ma, and Masatoshi Yoshikawa, “Analysis of News Agencies' Descriptive Feature by Using SVO Structure,” Fourth International Conference on Digital Information Management (ICDIM), Michigan, USA, 2009.
  4. Yasuko Matsubara, Yasushi Sakurai, Masatoshi Yoshikawa, “Scalable Algorithms for Distribution Search,” IEEE International Conference on Data Mining (ICDM), Miami, FL, December 6-9, 2009.
  5. Yusuke Kiritani, Qiang Ma, and Masatoshi Yoshikawa, “Classifying Web Pages by Using Knowledge Bases for Entity Retrieval”, Proc. 20th Int. Conf. Database and Expert Systems Applications (DEXA2009), LNCS 5690, pp. 761-768, Linz, Austria, 2009.
  6. Shin Ishida, Qiang Ma, and Masatoshi Yoshikawa, “Analysis of News Agencies' Description Features of People and Organizations,” Proc. 20th Int. Conf. Database and Expert Systems Applications (DEXA2009), LNCS 5690, pp. 745-752, Linz, Austria, 2009.
  7. Tetsutaro Motomura, Mizuho Iwaihara, and Masatoshi Yoshikawa, “Query Rewriting Rules for Versioned XML Documents,” Proc. 20th Int. Conf. Database and Expert Systems Applications (DEXA2009), LNCS 5690, pp. 365-371, Linz, Austria, September 1, 2009.
  8. Hiroko Kinutani, Masafumi Ono, Toshiyuki Shimizu, Masashi Tatedoko, and Masatoshi Yoshikawa, “Toward Integrated Management of Earth System Data - 2. A Document Centric Metadata Registration Tool -,” 6th GEWEX and 2nd iLEAPS Joint Science Conferences, Melbourne, Australia, August 25, 2009. (poster)
  9. Yasuko Matsubara, Yasushi Sakurai, and Masatoshi Yoshikawa, “Efficient Similarity Search on Distribution Data”, Third SIGMOD Workshop on Innovative Database Research (IDAR 2009), Providence, RI, June 28, 2009.
  10. Qiang Ma and Masatoshi Yoshikawa, “Topic and Viewpoint Extraction for Diversity and Bias Analysis of News Contents”, Proc. of APWebWAIM2009, LNCS 5446, pp. 152–160, Suzhou, China, 2009.
  11. Hiroshi Ishii, Qiang Ma, Masatoshi Yoshikawa, “Causal Network Construction to Support Understanding of News,” 43rd Hawaii International Conference on System Sciences(Hicss43) Hawaii, Jan 2020.

国内研究会・ワークショップ等

  1. 石井 裕志, 馬 強, 吉川 正俊, ”因果関係ネットワークの増分的な構築について,“ 第72回情報処理学会全国大会, 2010年3月.
  2. 川本 淳平, 吉川 正俊, ”暗号化データベースモデルにおける関係情報推定を防ぐ索引手法,“ 2010年 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS 2010), 3E4-5, 2010年1月.
  3. 張 信鵬, 浅野 泰仁, 吉川 正俊, ”減衰流を用いた関係の解析,“ 人工知能学会第23回全国大会(JSAI 2009),「近未来チャレンジ」セッション, (香川県高松市), 2009年6月.
  4. 森廣 恭平, 張 信鵬, 浅野 泰仁, 吉川 正俊, ”Steiner treeを利用したWikipediaにおける関係の抽出,“ 第8回情報科学技術フォーラム(FIT 2009),第2分冊 pp. 149-150, 宮城県仙台市, 2009年9月.
  5. 立床雅司, 齊藤昭則, 清水敏之, 吉川正俊, ”Wikipediaとドメインオントロジーの 統合利用による地球科学データ推薦手法,“ 電子情報通信学会データ工学研究会報告 (DE 2009-18) pp. 39-43, 東京都江東区, 2009年9月7日.
  6. 岡野光太郎, 岩井原瑞穂, Gail-Joon Ahn, 吉川正俊, “ソーシャル・ネットワーキング・サービスの相互接続におけるリスク評価を用いたアクセス制御ポリシー設定支援”, 第16回Webインテリジェンスとインタラクション研究会(SIG-WI2), pp. 7-12, 東京都千代田区, 2009年10月.
  7. 吉本 和紀, 鈴木 優, 吉川 正俊, ”マイクロブログにおける他者への影響を考慮した投稿者の重要度推定手法,“ 第2回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2010), 2010年3月1日.
  8. 本村 徹太郎, 清水 敏之, 吉川 正俊, ”XMLデータに対するキーワード検索結果の分類とそれに基づく理解支援“, 第2回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2010), 2010年3月1日.
  9. 石田 晋,馬 強,吉川 正俊, ”記述の主観性を考慮したニュース発信者の特徴分析とその応用“, 第2回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2010), 2010年3月1日.
  10. 青戸 了,清水 敏之,増田 耕一,吉川 正俊,”履歴情報管理システムのための多粒度アノテーション伝播“, 第2回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2010), 2010年3月1日.(優秀インタラクティブ賞)
  11. 俵本 一輝,川本 淳平,浅野 泰仁,吉川 正俊,”感情解析のための分布モデルと相互強化型解析手法“, 第2回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2010), 2010年3月1日.
  12. 鈴木 優,吉川 正俊,”Wikipediaにおけるキーパーソン抽出による信頼度算出精度および速度の改善“,第21回セマンティックウェブとオントロジー研究会(第2回Wikipediaワークショップ)研究報告,SIG-SWO-A901-01,2009 年 11 月.

修士論文

  1. Yuki Ushiba: “Accelerating Hierarchical Role Based Access Control on XML Database using Rule Summary, ” 京都大学 情報学研究科 社会情報学専攻 修士論文.
  2. Masashi Tatedoko: “A Recommendation Method for Earth Science Data Based on Integrated Use of Wikipedia and Domain Ontology,” 京都大学 情報学研究科 社会情報学専攻 修士論文.
  3. Kotaro Okano: “Risk Evaluation-Based Support of Access Control Policy Definition for Interconnection of Social Network Services, ” 京都大学 情報学研究科 社会情報学専攻 修士論文.
  4. Takashi Nishimura: “Development of a History Mining System for Documents,” 京都大学 情報学研究科 社会情報学専攻 修士論文.

卒業論文

  1. 青戸 了: “履歴情報管理システムのための多粒度アノテーション伝播手法,” 京都大学 工学部 情報学科 卒業論文.
  2. 小川 達也: “ステークホルダーマイニングとそれに基づくニュース報道の比較” 京都大学 工学部 情報学科 卒業論文.
  3. 俵本 一輝: “感情解析手法とそのモデルに関する研究,” 京都大学 工学部 情報学科 卒業論文.
  4. 森廣 恭平: “シュタイナー木を利用したWikipediaからの関係の抽出,” 京都大学 工学部 情報学科 卒業論文.
  5. 吉本 和紀: “マイクロブログにおける他者への影響を考慮した投稿者の重要度推定手法,” 京都大学 工学部 情報学科 卒業論文.
publications-2009.txt · 最終更新: 2011/11/25 02:21 by ylab