ユーザ用ツール

サイト用ツール


publications-2010

2010年度の発表論文

論文誌

  1. 青戸 了, 清水 敏之, 増田 耕一, 吉川 正俊, “履歴管理システムにおける多粒度アノテーション伝播,” 日本データベース学会論文誌, Vol. 9, No. 1, pp. 64-69, 2010年6月.
  2. Yasuko Matsubara, Yasushi Sakurai and Masatoshi Yoshikawa: “D-Search: An Efficient and Exact Search Algorithm for Large Distribution Sets”, Knowledge and Information Systems (KAIS), Springer, 2010 (Invited to best papers of ICDM 2009 issue, to appear).

国際会議・ワークショップ

  1. Xinpeng Zhang, Yasuhito Asano, Masatoshi Yoshikawa, “Analysis of Implicit Relations on Wikipedia: Measuring Strength through Mining Elucidatory Objects”, 15th Database Systems for Advanced Applications (DASFAA 2010), Tsukuba, Japan, April 2010.
  2. Taihei Oshino, Yasuhito Asano, Masatoshi Yoshikawa, “Mining Useful Time Graph Patterns on Extensively Discussed Topics on the Web”, 1st International Workshop on Graph Data Management: Techniques and Applications (GDM 2010), Tsukuba, Japan, April 4, 2010.
  3. Yasuko Matsubara, Yasushi Sakurai and Masatoshi Yoshikawa, “Statistical Modeling of Large Distribution Sets”, ACM SIGMOD Workshop on Innovative Database Research (IDAR), June 11, 2010.
  4. Ling Xu, Qiang Ma, Masatoshi Yoshikawa, “A Cross-media Method of Stakeholder Extraction for News Contents Analysis,” 11th International Conference on Web-Age Information Management (WAIM2010), Chengdu, China, July 16, 2010.
  5. Taihei Oshino, Yasuhito Asano, Masatoshi Yoshikawa, “Time Graph Pattern Mining for Web Analysis and Information Retrieval,” 11th International Conference on Web-Age Information Management (WAIM2010), Chengdu, China, July 16, 2010.
  6. Hiroshi Ishii, Qiang Ma, Masatoshi Yoshikawa, “An Incremental Method for Casual Network Construction,” 11th International Conference on Web-Age Information Management (WAIM 2010), Chengdu, China, July 17, 2010.
  7. Ling Xu, Qiang Ma, Masatoshi Yoshikawa, “Exploring Special Items in Multimedia News Based on a Stakeholder Model,” Web Intelligence and Intelligent Agent Technology 2010 (WI-IAT 2010), Toronto, Canada, September 1, 2010.
  8. Masashi Tatedoko, Toshiyuki Shimizu, Akinori Saito, and Masatoshi Yoshikawa, “A Retrieval Method for Earth Science Data Based on Integrated Use of Wikipedia and Domain Ontology,” 21st International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2010), pp. 277-284, Bilbao, Spain, September 2, 2010. (short paper)
  9. Xinpeng Zhang, Yasuhito Asano, Masatoshi Yoshikawa, “Mining and Explaining Relationships in Wikipedia,” 21th International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2010),Bilbao, Spain, 30 August - 3 September 2010.
  10. Xinpeng Zhang, Yasuhito Asano, Masatoshi Yoshikawa, “Enishi: Searching Knowledge about Relations by Complementarily Utilizing Wikipedia and the Web,” The 11th International Conference on Web Information System Engineering (WISE),Hong Kong, China, December 12-14, 2010.
  11. Ling Xu, Takayuki Yumoto, Shinya Aoki, Qiang Ma, Masatoshi Yoshikawa, “Discovering Inconsistency in Multimedia News from Both Textual & Visual Aspects,” Hawaii International Conference on System Science 44 (HICSS 44), Kauai, Hawaii, January 7, 2011.

国内研究会・ワークショップ等

  1. 田邊 翼, 清水 敏之, 吉川 正俊, “キーワード検索における検索結果の拡張,” 第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2011), 2011年2月28日.
  2. 野島 裕輔, 馬 強, 吉川 正俊, “ニュース記事の内容と構造特徴を考慮した因果関係マイニング,” 第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2011), 2011年3月1日.
  3. 有光 淳紀, 馬 強, 吉川 正俊, “ユーザー体験指向の Twitter 検索手法,” 第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2011), 2011年3月1日.
  4. 伊藤 勇也, 浅野 泰仁, 吉川 正俊, “投稿日時とユーザの広がりに基づくツイート分類手法,” 第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2011), 2011年3月2日.
  5. 青戸 了,清水 敏之, 吉川 正俊, “データ変遷において生じる注釈の不整合に関する分析“,第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2011), 2011年2月28日.
  6. 俵本 一輝, 川本 淳平, 浅野 泰仁, 吉川 正俊,“集団評価の二部グラフモデルと相互強化型解析手法,”第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2011), B10-3, 静岡, 2月27日~3月1日, 2011年.
  7. 冨田 典也,清水 敏之,齊藤 昭則,吉川 正俊, ”重要度と時空間近接度に基づいた地球科学データの推薦“,第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2011), 2011年2月28日.

修士論文

  1. Hiroshi Ishii: “A study on Incremental Construction of Causal Network from News Articles ,” 京都大学 情報学研究科 社会情報学専攻 修士論文.
  2. Shin Ishida: “Comparative Analysis of News Agencies by Extracting Entity Descriptions and Its Application,” 京都大学 情報学研究科 社会情報学専攻 修士論文.
  3. Taihei Oshino: “Time Graph Pattern Mining for Network Analysis and Information Retrieval,” 京都大学 情報学研究科 社会情報学専攻 修士論文.
  4. Tetsutaro Motomura: “Alternative Query Generation for XML Keyword Search and Its Optimization,” 京都大学 情報学研究科 社会情報学専攻 修士論文.
  5. Ling Xu: “Credibility-oriented Multimedia News Analysis Based on a Material-Opinion Model,” 京都大学 情報学研究科 社会情報学専攻 修士論文.
  6. 島田 裕司: “Wikipediaにおける 同一事象検出,” 京都大学 情報学研究科 社会情報学専攻 修士論文.

卒業論文

  1. 有光 淳紀: “ユーザ体験指向のマイクロブログの 組織化と検索に関する研究,” 京都大学 工学部 情報学科 卒業論文
  2. 伊藤 勇也: “投稿日時とユーザの広がりに基づくマイクロブログ記事の分類手法,” 京都大学 工学部 情報学科 卒業論文
  3. 野島 裕輔: “ニュース記事の内容と構造特徴を考慮した因果関係マイニング,” 京都大学 工学部 情報学科 卒業論文
  4. 田邊 翼: “キーワード検索における検索結果の増分的拡張,” 京都大学 工学部 情報学科 卒業論文
publications-2010.txt · 最終更新: 2012/02/28 00:23 by ylab