ユーザ用ツール

サイト用ツール


publications-2011

2011年度の発表論文

論文誌

  1. 青戸 了, 清水 敏之, 吉川 正俊, “整合性を考慮した注釈伝播,” 日本データベース学会論文誌, Vol. 10, No. 1, pp. 49-54, 2011年6月.
  2. 川本 淳平, 吉川 正俊, “キー・バリュー型データベースにおける利用者のプライバシを考慮した範囲問合せの実現手法,” 情報処理学会論文誌 データベース(TOD), Vol.4, No.3, pp.33-44, 2011年10月.
  3. Xinpeng Zhang, Yasuhito Asano, Masatoshi Yoshikawa, “A Generalized Flow based Method for Analysis of Implicit Relationships on Wikipedia,” IEEE Transactions on Knowledge and Data Engineering (TKDE), 10 Nov. 2011. IEEE computer Society Digital Library. IEEE Computer Society.
  4. Hiroshi Ishii, Qiang Ma, Masatoshi Yoshikawa, “Incremental Construction of Causal Network from News Articles,”Journal of Information Processing, Vol. 20, No.1, pp.207-215, 2012.1.
  5. 松原靖子,櫻井保志,吉川正俊,隠れマルコフモデルに基づくストリーム処理,情報処理学会論文誌:データベース, 情報処理学会論文誌:データベース(TOD), Vol.4 No.4, pp. 48-62, 2011年12月.
  6. Yasuko Matsubara, Yasushi Sakurai and Masatoshi Yoshikawa: “D-Search: An Efficient and Exact Search Algorithm for Large Distribution Sets”, Knowledge and Information Systems (KAIS), Springer, Vol.29, No.1, pp.131-157, October, 2011 (Invited to best papers of ICDM 2009 issue).

国際会議・ワークショップ

  1. Damien Eklou, Yasuhito Asano, Masatoshi Yoshikawa, “How the Web can help Wikipedia: A Study on Information Complementation of Wikipedia by the Web ”, The 6th International Conference on Ubiquitous Information Management and Communication (ICUIMC),Kuala Lumpur, Malaysia, February 20-22, 2012.
  2. Jiyi Li, Qiang Ma, Yasuhito Asano, Masatoshi Yoshikawa, “Ranking Content-Based Social Images Search Results with Social Tags,” The Seventh Asia Information Retrieval Societies Conference (AIRS 2011), pp.147-156, Dubai, UAE, December 18-20, 2011.
  3. Junpei Kawamoto and Masatoshi Yoshikawa, “Private Range Query by Perturbation and Matrix Based Encryption,” the Sixth International Conference on Digital Information Management (ICDIM 2011), pp.211-216, Melbourne, Australia, September, 2011. (Best paper)
  4. Ling Xu, Qiang Ma, and Masatoshi Yoshikawa, “Credibility-Oriented Ranking of Multimedia News Based on a Material-Opinion Model,” The 12th International Conference on Web-Age Information Management (WAIM 2011), Wuhan, China, September 15, 2011.
  5. Tetsutaro Motomura, Toshiyuki Shimizu, and Masatoshi Yoshikawa, “Alternative Query Generation for XML Keyword Search and Its Optimization,” 22nd International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2011), Toulouse, France, August 30, 2011.
  6. Kazuki Tawaramoto, Junpei Kawamoto, Yasuhito Asano, and Masatoshi Yoshikawa, “A Bipartite Graph Model and Mutually Reinforcing Analysis for Review Sites,” the 22nd International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2011), Toulouse, France, August 31, 2011.
  7. Ryo Aoto, Toshiyuki Shimizu, and Masatoshi Yoshikawa, “Propagation of Multi-granularity Annotations,” 22nd International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2011), Toulouse, France, September 2, 2011.
  8. Yasushi Sakurai, Lei Li, Yasuko Matsubara, Christos Faloutsos, “WindMine: Fast and Effective Mining of Web-click Sequences”, 11th SIAM International Conference on Data Mining (SDM), Mesa, Arizona, April 28-30, 2011.
  9. Xinpeng Zhang, Yasuhito Asano, Masatoshi Yoshikawa, “Towards Improving Wikipedia as an Image-rich Encyclopaedia through Analyzing Appropriateness of Images for an Article”, The 13th Asia-Pacific Web Conference (APWeb),Beijing, China, April 18-20, 2011.

国内研究会・ワークショップ等

  1. 冨田典也, 清水敏之, 齊藤昭則, 吉川正俊, “重要度と時空間近接度を統合した地球科学データのランキング手法,” 2011年 Webとデータベースに関するフォーラム, 東京, 2011年11月.
  2. 粟納 裕貴, 馬 強, 吉川 正俊, “失敗知識データベースを用いた失敗事象の原因分析”, 第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2012), 2012年3月3日.
  3. 田邊翼,清水敏之, 吉川正俊,“XMLキーワード検索における要素の特性を考慮した検索結果の構築”, 第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2012), 2012年3月5日.
  4. 内藤稔, 浅野泰仁, 吉川正俊, “エンティティ間の類似関係取得のための Wikipedia 事象モデル構築手法に関する考察”, 第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2012), 2012年3月4日.
  5. 野島裕輔, 浅野泰仁, 吉川正俊, “情報ネットワークにおける関係の抽出のための減衰流の計算の高速化”, 第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2012), 2012年3月4日.
  6. Ling Xu, Qiang Ma, Masatoshi Yoshikawa, “A Complementary Tree for Recommendation of Multimedia News Items”, 第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2012), 2012年3月4日.
  7. 長谷川 馨亮, 馬 強, 吉川 正俊, “行動の時空間連続性を考慮した旅行ツイートの組織化”, 第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2012), 2012年3月4日.
  8. 長谷川 馨亮, 馬 強, 吉川 正俊, “時空間連続性を考慮した共起辞書構築による旅行ツイートの組織化”, 第22回Webインテリジェンスとインタラクション研究会(SIG-WI2), 2012年3月17日.
  9. 梅原 佳宏, 清水 敏之, 吉川 正俊, “地球科学データと学術論文の関連付け”, 第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2012), 2012年3月4日.
  10. Liang Yan, Qiang Ma, Masatoshi Yoshikawa, ““Where can I Buy iPhone4S Now?”: Spatio-Temporal Entity Retrieval on Twitter”, 第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2012), 2012年3月3日.
  11. 平野 雄也, 馬 強, 吉川 正俊, “Webコンテンツの相当関係の発見とその応用”, 第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2012), 2012年3月4日.

博士論文

  1. Junpei Kawamoto: “A Study on User's Privacy Protection against Query Analysis in Cloud Databases,” 京都大学 情報学研究科 社会情報学専攻 博士論文.
  2. Xinpeng Zhang: “Knowledge Discovery about Relationships between Objects on the Web,” 京都大学 情報学研究科 社会情報学専攻 博士論文.
  3. Yasuko Matsubara: “Statistical Data Mining for Time-series Datasets”, 京都大学 情報学研究科 社会情報学専攻 博士論文.

修士論文

  1. Ryo Aoto: “Annotation Management for Relational Data Based on Evidence,” 京都大学 情報学研究科 社会情報学専攻 修士論文.
  2. Fumiya Tomita: “A Ranking Method for Geoscience Data by Integration of Importance and Spatiotemporal Proximity,” 京都大学 情報学研究科 社会情報学専攻 修士論文.
  3. Yusuke Kiritani: “Discovering Relation of Entity and Web Page for Supporting Entity Retrieval,” 京都大学 情報学研究科 社会情報学専攻 修士論文.

卒業論文

  1. 長谷川 馨亮: “行動の時空間連続性を考慮した旅行ツイートの組織化”, 京都大学 工学部 情報学科 卒業論文.
  2. 梅原 佳宏: “地球科学データと学術論文の関連付けに関する研究”, 京都大学 工学部 情報学科 卒業論文.
  3. 平野 雄也: “Webコンテンツの相当関係の発見とその応用”, 京都大学 工学部 情報学科 卒業論文.
publications-2011.txt · 最終更新: 2012/07/04 17:56 by ylab