ユーザ用ツール

サイト用ツール


publications-2012

2012年度の発表論文

論文誌

  1. Eklou Damien, Yasuhito Asano and Masatoshi Yoshikawa, “How can the Web helpWikipedia? A Study of Information Complementation of Wikipedia by the Web”, IPSJ Transactions on Databases, Vol.5, No.3, pp. 64-74, September 2012.
  2. Jiyi Li, Qiang Ma, Yasuhito Asano and Masatoshi Yoshikawa, “Improving Content-based Social Image Retrieval based on an Image-Tag Relationship Model”, IPSJ Transactions on Databases, Vol.5, No.3, pp. 117-125, September 2012.
  3. Xinpeng Zhang, Yasuhito Asano and Masatoshi Yoshikawa, “Mining and Explaining Relationships in Wikipedia”, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E95-D, No.7, pp.1918-1931, July 2012.
  4. Jiyi Li, Qiang Ma, Yasuhito Asano and Masatoshi Yoshikawa, “Re-ranking Content-Based Social Image Retrieval by Multi Modal Relevance Feedback”, DBSJ Journal, Vol.11, No.1, pp.67-72, June 2012.

国際会議・ワークショップ

  1. Minoru Naito, Yasuhito Asano, and Masatoshi Yoshikawa, “A Graph Model of Events Focusing on Granularity and Relations Towards Organization of Collective Intelligence on History”, Web 2013, pp.111-115, Seville, Spain, January 27-31, 2013.
  2. Yusuke Nojima, Yasuhito Asano, Masatoshi Yoshikawa, “Greedy Approximation Algorithms for Generalized Maximum Flow Problem towards Relation Extraction in Information Networks,” Thailand-Japan Joint Conference on Computational Geometry and Graphs (TJJCCGG 2012), Bangkok, Thailand, December 6-8, 2012.
  3. Keisuke Hasegawa, Qiang Ma, and Masatoshi Yoshikawa, “Trip Tweets Search by Considering Spatio-temporal Continuity of User Behavior”, 23rd International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2012), pp.141-155, Vienna, Austria, September 3-6, 2012.
  4. Yuki Awano, Qiang Ma, and Masatoshi Yoshikawa, “Cause Analysis of New Incidents by Using Failure Knowledge Database”, 23rd International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2012), pp.88-102, Vienna, Austria, September 3-6, 2012.
  5. Jiyi Li, Qiang Ma, Yasuhito Asano and Masatoshi Yoshikawa, “Improving Folksonomy Tag Quality of Social Image Hosting Websites”, Proceedings of the 13th International Conference on Web-Age Information Management (WAIM2012) international workshops on Unstructured Data Management (USD2012), Harbin, China, August 18-20, 2012. (to appear)
  6. Yasuko Matsubara, Yasushi Sakurai, Christos Faloutsos, Tomoharu Iwata, Masatoshi Yoshikawa, “Fast Mining and Forecasting of Complex Time-Stamped Events”, ACM SIGKDD International Conference on Knowledge Discovery and Data Mining (KDD),pp. 271-279, Beijing, China, August 2012.
  7. Yasuko Matsubara, Yasushi Sakurai, B. Aditya Prakash, Lei Li, Christos Faloutsos, “Rise and Fall Patterns of Information Diffusion: Model and Implications”, ACM SIGKDD International Conference on Knowledge Discovery and Data Mining (KDD), pp. 6-14, Beijing, China, August 2012.
  8. Jiyi Li, Qiang Ma, Yasuhito Asano, Masatoshi Yoshikawa, “Re-ranking by Multi-modal Relevance Feedback for Content-Based Social Image Retrieval,” The 14th Asia-Pacific Web Conference (APWeb 2012), pp.399-410, Kunming, China, April 11-13, 2012.

国内研究会・ワークショップ等

  1. 松原靖子,櫻井保志,Christos Faloutsos,岩田具治,吉川正俊,“大規模Webクリックデータのためのイベント予測”,第155回データベースシステム研究発表会,東京,2012年11月19日(招待講演).
  2. 長谷川 馨亮, 馬 強, 吉川 正俊, “行動の時空間連続性とコンテンツの共有価値を考慮した観光ツイートの組織化”, 第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2013), 2013年3月4日.(学生プレゼンテーション賞受賞
  3. 宮崎 昇幸, 吉川 正俊. “検索効率を重視したプライバシ保護型検索におけるタプル情報の漏洩を防止する索引手法”. 第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2013), 2013年3月4日.
  4. 西村 祥治(NEC), 宮崎 昇幸. “一般化されたZ-Orderを用いた多次元索引の提案”. 第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2013), 2013年3月5日.
  5. 辻尾 尚樹, 清水 敏之, 吉川 正俊, “構造を利用した文書間の細粒度対応付け手法”, 第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2013), 2013年3月3日.
  6. 梅原 佳宏, 清水 敏之, 吉川 正俊, “地球科学データと学術論文の対応付け獲得に向けた事例調査”, 第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2013), 2013年3月4日.(学生プレゼンテーション賞受賞
  7. 河村 崇博, 浅野 泰仁, 吉川 正俊, “マイクロブログにおけるユーザの繋がりを利用した意見収集”, 第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2013), 2013年3月3日.
  8. 栗林 拓, 浅野 泰仁, 吉川 正俊, “クラシック音楽の内容記述に特化した検索手法”, 第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2013), 2013年3月3日.
  9. 瀬戸口 司, 浅野 泰仁, 吉川 正俊, “Wikipediaのリンク構造を利用した関係性ラベルの抽出手法”, 第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2013), 2013年3月3日.
  10. 山段 裕貴, 浅野 泰仁, 吉川 正俊, “グラフマイニングによるソーシャルグラフの成長分析”, 第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2013), 2013年3月4日.
  11. 平野 雄也, 馬 強, 吉川 正俊, “Webコンテンツにおけるオブジェクトの準同一性判定”, 第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2013), 2013年3月4日.
  12. 坂本 祥之, 清水 敏之, 吉川 正俊, “プレゼンテーションスライドからの構成抽出”, 第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2013), 2013年3月4日.
  13. Jiyi Li, Qiang Ma, Yasuhito Asano and Masatoshi Yoshikawa, “User Intention in Image Retrieval and Small-Granularity Query Topic Intention Detection”, 第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2013), 2013年3月5日

博士論文

修士論文

  • Yusuke Nojima: “A Study on Referrer Diversity Monotonic Path Model for Extracting Implicit Relations from Information Networks,” 京都大学 情報学研究科 社会情報学専攻 修士論文.
  • Tsubasa Tanabe: “Effective Keyword-Based XML Retrieval Considering Query Intents and Element Features”, 京都大学 情報学研究科 社会情報学専攻 修士論文.
  • Minoru Naito: “A Graph Model of Historical Events on Wikipedia Focusing on Granularity and Relations”, 京都大学 情報学研究科 社会情報学専攻 修士論文.

卒業論文

  • 辻尾 尚樹: “構造を利用した文書間の細粒度対応付け手法” 京都大学 工学部 情報学科 卒業論文.
  • 粟納 裕貴: “失敗知識データベースを用いた失敗事象の原因分析手法に関する研究”, 京都大学 工学部 情報学科 卒業論文.
  • 栗林 拓: “クラシック音楽の内容記述に特化した検索手法”, 京都大学 工学部 情報学科 卒業論文.
  • 居樹 智: “地球科学データに対するキーワード付与支援”, 京都大学 工学部 情報学科 卒業論文.
  • 坂本 祥之: “プレゼンテーションスライドからの構成抽出”, 京都大学 工学部 情報学科 卒業論文.
  • 古市 怜: “多様な視点に基づくデータ群俯瞰システムの提案と地球科学データベースへの適用”, 京都大学 工学部 情報学科 卒業論文.

過去の発表論文

publications-2012.txt · 最終更新: 2014/02/18 15:50 by ylab