User Tools

Site Tools


publications-2014

Differences

This shows you the differences between two versions of the page.

Link to this comparison view

Both sides previous revision Previous revision
Next revision
Previous revision
publications-2014 [2015/05/13 01:38]
ylab [国際会議・ワークショップ]
publications-2014 [2015/05/15 18:26] (current)
ylab [国内研究会・ワークショップ等]
Line 18: Line 18:
   - Ryosuke Sawano, Masatoshi Yoshikawa, Akihiro Hamasaki, Kazuya Okamoto, Tomohiro Kuroda, “Assessment of Electronic Medical Records Highly Ranked by Scoring Algorithms using Access Logs”, Proceedings of Asia Pacific Association of Medical Informatics (APAMI), November 1st, 2014   - Ryosuke Sawano, Masatoshi Yoshikawa, Akihiro Hamasaki, Kazuya Okamoto, Tomohiro Kuroda, “Assessment of Electronic Medical Records Highly Ranked by Scoring Algorithms using Access Logs”, Proceedings of Asia Pacific Association of Medical Informatics (APAMI), November 1st, 2014
   - Yuki Awano, Qiang Ma, Masatoshi Yoshikawa,"Causal Analysis for Supporting Users' Understanding of Investment Trusts," iiWAS 2014: 524-528, 2014.   - Yuki Awano, Qiang Ma, Masatoshi Yoshikawa,"Causal Analysis for Supporting Users' Understanding of Investment Trusts," iiWAS 2014: 524-528, 2014.
-  - Yang Cao, Masatoshi Yoshikawa,"Differentially Private Real-time Data Release over Infinite Trajectory Streams",The 3rd International Workshop On Human Mobility Computing And Privacy (HuMoComP), Held in conjunction with MDM'15, Pittsburgh, Pennsylvania, USA, June 15, 2015. 
 ===== 国内研究会・ワークショップ等 ===== ===== 国内研究会・ワークショップ等 =====
  
  
 +    - Masatoshi Yoshikawa, Toshiyuki Shimizu, Jiyi LI, Yoko Nakahara and Hiroko Kinutani, "Development of DIAS Metadata System," 日本地球惑星科学連合2014年大会(JpGU 2014) U-01セッション, 2014年5月1日.
 +    - 絹谷弘子,中原陽子,Jiyi Li,清水敏之,吉川 正俊,喜連川 優,小池 俊雄, "データ提供者のポリシーを考慮したDIASによる地球観測事業データプロダクト公開", 日本地球惑星科学連合2014年大会(JpGU 2014), A-CG38セッション, 2014年5月1日.
 +    - 北林 宏樹,大西 恒彰,張 信鵬,浅野 泰仁,吉川 正俊,"ストレス予測による経路推薦に向けた歩行環境および生体信号の群衆データ分析",DBS研究会, 2014年8月1-2日.
 +    - 張 信鵬,北林 宏樹,大西 恒彰,浅野 泰仁,吉川 正俊,"時空間生体情報の解析による健康を考慮した歩行者ナビゲーションシステム",社会情報学会学会大会,ポスターセッション, 2014年9月20日.
 +    - 正元修平,清水敏之,吉川正俊,"文献検索エンジン結果ページへの引用関係に基づくグラフの付与",第7回 Webとデータベースに関するフォーラム,2014年11月19-20日.
 +    - 石田陽一,清水敏之,吉川正俊,"地球科学データに対するキーワード推薦手法",第5回 Webインテリジェンスとインタラクション研究会,2014年11月22-23日.
 +    - Jiyi Li, Toshiyuk Shimizu, Yasuhito Asano, Masatoshi Yoshikawa, "Improving Document Similarity Computation by Model Performance Prediction", 第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2015), 2015年3月3日.
 +    - 曹 洋, 吉川 正俊, "差分プライバシに基づく移動経路データの要約情報開示", 第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2015), 2015年3月3日.
 +    - 澤野良輔, 吉川正俊, 濵崎暁洋, 岡本和也, 黒田知宏, “時系列ログと職種に基づいた電子カルテの重要度評価”, 第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2015), 2015年3月3日.
 +    - 川本 淳平, 俵本 一輝, 浅野 泰仁, 吉川 正俊,"初期レビューを用いた長期間評価推定",第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2015), 2015年3月2日.
 +    - 聞亦晨,浅野泰仁,吉川正俊, “食嗜好の発展を理解するためのレシピ分析”, 情報処理学会第77回全国大会, 2015年3月18日.
 +    - 栗林拓,浅野泰仁,吉川正俊, “クラシック音楽の理解支援を目指して: 箇所表現を利用した内容記述間対応付け”, 情報処理学会第77回全国大会, 2015年3月18日.
 +    - 杉山祐一, 吉川正俊, 岡本和也, 黒田知宏, 濱崎暁洋, “期間情報を用いた投薬パターンマイニング”, 情報処理学会第77回全国大会, 2015年3月18日.
 +    - 川上優平, 清水敏之, 吉川正俊, “論文とプレゼンテーションスライドの部分対応付けにおける軸対応補正の適用”, 情報処理学会第77回全国大会, 2015年3月18日.
 +    - 正元修平,清水敏之, 吉川正俊, “引用関係に基づくグラフの付与による文献検索エンジンの高機能化”, 情報処理学会第77回全国大会, 2015年3月19日.
 +    - 切通恵介,许泠,馬強,"報道の多様性を考慮したニュース閲覧システムの提案",情報処理学会第77回全国大会, 2015年3月18日.
 +   - 石田陽一, 清水敏之, 吉川正俊, ”分野特徴語を利用した地球科学データに対するキーワード推薦手法”, 情報処理学会第77回全国大会, 2015年3月18日.
 +   - Ling Xu, Keisuke Kiritoshi, Qiang Ma and Masatoshi Yoshikawa, ”Entity-oriented Materials and Opinions Extraction from News Articles”, 情報処理学会第77回全国大会, 2015年3月18日.
 +   - 北林宏樹, 張信鵬, 浅野泰仁, 吉川正俊, ”歩行環境要素が歩行者の ストレスへ与える影響の分析”, 情報処理学会第77回全国大会, 2015年3月18日.
 +   - Lee Woonyeol, 馬強, "ソーシャルトレーディングにおけるコピートレーダーの推薦方法の提案", 情報処理学会第77回全国大会, 2015年3月18日.
 +   - 坂本祥之,清水敏之, 吉川正俊, “講義プレゼンテーションスライド部分対応付けを用いた学習支援”, 情報処理学会第77回全国大会, 2015年3月19日.
 ===== 博士論文 ===== ===== 博士論文 =====
  
Line 28: Line 48:
  
  
 +  * Yuki Awano: "Causal Analysis and Its Applications to Understanding Support", 京都大学 情報学研究科 社会情報学専攻 修士論文. 
 +  * Chenyi Zhuang: "A Study on Discovering Obscure Sightseeing Spots Using Geo-tagged Soical Images", 京都大学 情報学研究科 社会情報学専攻 修士論文
 +  * Taku Kuribayashi: "A Study on Curation and Organization of Knowledge on the Web for Supporting Appreciation of Classical Music", 京都大学 情報学研究科 社会情報学専攻 修士論文. 
 +  * Yuichi Sugiyama: "Data Mart Design and Data Mining Using Temporal Information for an Electronic Health Record", 京都大学 情報学研究科 社会情報学専攻 修士論文. 
 +  * Shuhei Shogen: "Enrichment of Academic Search Engine Results Pages by Citation-based Graphs", 京都大学 情報学研究科 社会情報学専攻 修士論文. 
 +  * Hiroki Kitabayashi: "An Analysis of the Walking Environmental Factors Affecting the Stress of Pedestrians for Route Recommendation", 京都大学 情報学研究科 社会情報学専攻 修士論文. 
 +  * Yoshiyuki Sakamoto: "Learning Support by Segment Mapping between Lecture Presentation Slides", 京都大学 情報学研究科 社会情報学専攻 修士論文.
 ===== 卒業論文 ===== ===== 卒業論文 =====
  
  
 +  * 木村 勇気: "マイクロブログにおける伝播経路の多様性に基づく情報源評価手法", 京都大学 工学部情報学科 卒業論文.
 +  * 大橋 英明: "地球科学データベースにおける関連データセットの取得に関する研究", 京都大学 工学部情報学科 卒業論文.
 +  * 大西 恒彰: "歩行時の心拍推定と位置プライバシ保護を両立する経路勾配情報の曖昧化", 京都大学 工学部情報学科 卒業論文.
 +  * 大井 愛仁: "マイクロブログでの話題提供支援に向けた匿名掲示板上での有用な議論の発見に関する研究", 京都大学 工学部情報学科 卒業論文.
 ====== 過去の発表論文 ====== ====== 過去の発表論文 ======
 [[publications-2013|2013年度]],[[publications-2012|2012年度]],[[publications-2011|2011年度]],[[publications-2010|2010年度]], [[publications-2009|2009年度]], [[publications-2008|2008年度]], [[publications-2007|2007年度]], [[publications-2006|2006年度]], [[publications-2005|2005年度]], [[publications-2004|2004年度]], [[publications-2003|2003年度]] [[publications-2013|2013年度]],[[publications-2012|2012年度]],[[publications-2011|2011年度]],[[publications-2010|2010年度]], [[publications-2009|2009年度]], [[publications-2008|2008年度]], [[publications-2007|2007年度]], [[publications-2006|2006年度]], [[publications-2005|2005年度]], [[publications-2004|2004年度]], [[publications-2003|2003年度]]
publications-2014.1431481103.txt.gz · Last modified: 2015/05/13 01:38 by ylab