ユーザ用ツール

サイト用ツール


start

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
start [2019/06/21 12:16]
ylab [新着情報]
start [2020/02/22 14:29] (現在)
ylab [新着情報]
ライン 8: ライン 8:
 ====== 研究テーマ ====== ====== 研究テーマ ======
  
-   * [[:​projects-1a|大学院修士課程 志望区分「社-1a」]] (教授 [[http://​www.db.soc.i.kyoto-u.ac.jp/​~yoshikawa|吉川 正俊]], 特定准教授 [[http://​www.dl.kuis.kyoto-u.ac.jp/​~adam/​index-J.html|ヤトフト アダム]], 助教 [[http://​www.db.soc.i.kyoto-u.ac.jp/​~shimizu/​index-ja.html|清水 敏之]], 特定助教 [[http://​www.db.soc.i.kyoto-u.ac.jp/​~cao|曹 洋]])+   * [[:​projects-1a|大学院修士課程 志望区分「社-1a」]] (教授 [[http://​www.db.soc.i.kyoto-u.ac.jp/​~yoshikawa|吉川 正俊]], 特定准教授 [[http://​www.dl.kuis.kyoto-u.ac.jp/​~adam/​index-J.html|ヤトフト アダム]], 特定准教授 [[https://​www.db.soc.i.kyoto-u.ac.jp/​~sugiyama/​index-j.html|杉山 一成]], 助教 [[http://​www.db.soc.i.kyoto-u.ac.jp/​~shimizu/​index-ja.html|清水 敏之]], 特定助教 [[http://​www.db.soc.i.kyoto-u.ac.jp/​~cao|曹 洋]])
    * [[:​projects-1b|大学院修士課程 志望区分「社-1b」]] (准教授 [[http://​www.db.soc.i.kyoto-u.ac.jp/​~qiang|馬 強]])    * [[:​projects-1b|大学院修士課程 志望区分「社-1b」]] (准教授 [[http://​www.db.soc.i.kyoto-u.ac.jp/​~qiang|馬 強]])
  
ライン 14: ライン 14:
  
 ====== 新着情報 ====== ====== 新着情報 ======
-  * 2019年 6月 3月修士修了生中村らのContext-aware GANsやM1のXiaoらのFakenewsGANsが日経エレクトロニクス 7月号にて紹介されました. +  * 20022月 佐藤(M2), 大塚(M2)が[[http://​www.soc.i.kyoto-u.ac.jp/​news/​895|優秀修士論文賞]]を受賞しました. 
-  * 2019年 6月 中村 雄太(2018年3月修士修了生)の論文"​DiaQueTT: A Diachronic ​and Queryable Topic-Tracking Model"が[[https://​ears2019.github.io/​|The 2nd International ​Workshop ​on ExplainAble Recommendation ​and Search ​(EARS2019)]]に採択されました. +  * 20202月 Lim(D3)の論文"​Annotating ​and Analyzing Biased Sentences in News Articles using Crowdsourcing"が12th International ​Conference ​on Language Resources ​and Evaluation ​(LREC2020)に採択されました. 
-  * 2019年 6 中村(3月修士修了生)の論文"​Context-Aware GANs for Image Generation from Multimodal ​ Queries"がDEXA 2019に採録されました. +  * 20201月 藤井(M2)の論文"​中継可能な協調型輸送の提案とアルゴリズムの効率化"の日本データベース学会和文論文誌への採録が決定しました. 
-  * 2019年 6-7月 Sheng Hu(特研究員)がACM SIGMOD2019で論文"​Autocompletion for Prefix-Abbreviated Input"​を発表しま. +  * 20201月 Duan(D3)'​s paper "​Comparative Timeline Summarization"​ has been accepted by DBSJ Journal.  
-  * 2019年 5月 大橋(D3)の論文"​Give and TakeAdaptive Balanced Allocation for Peer Assessments"が[[http://ictt.xidian.edu.cn/​COCOON2019/​|The 25th International Computing and Combinatorics ​Conference (COCOON2019)]]に採択されました. +  * 2020年1月 Wiradee(D3)の論文「ゼロショット学習によるテキストからのエンティティプロパティ同」の日本データベース学会和文論文誌への採録が決定しました. 
-  * 2019年 5月 吉川の教科書[[https://​www.db.soc.i.kyoto-u.ac.jp/​~yoshikawa/​databasebook.html|「データベースの基礎」]]が出版されました. +  * 20201月 Duan(D3)の論文"​What Makes the History of China Different from Japan?Comparative Timeline Summarization via Dynamic Affinity-Preserving Random Walk"が[[https://ecai2020.eu|The 24th European ​Conference ​on Artificial Intelligence ​(ECAI2020)]]に採択されました. 
-  * 2019年 ​5月 の論文"​PriSTE: Protecting Spatiotemporal Event Privacy ​in Continuous Location-Based Services"がVLDB2019 demo paperとして採択されました.  +  * 2019年12月 戴(D3)の論文"​Estimating Knowledge Category Coverage by Courses Based on Centrality ​in Taxonomy"が電子情報通信学会英文論文誌に採択されました. 
-  * 2019年 ​月 高木(M1)がDEIM2019で発表した論文"​道路ネットワークにおける位置情報プライバシー"​が[[http://​db-event.jpn.org/​deim2019/​post/​awards.html|DEIMフォーラム2019 最優秀論文賞]]選定されました. +  * 2019年12月 大橋(D3)論文"​Adaptive Balanced Allocation for Peer Assessments"​が電子情報通信学会英文論文採択されました. 
-  * 2019年 ​4月 高木(M1)の論文"​Geo-Graph-Indistinguishability: ​Protecting Location ​Privacy for LBS over Road Networks"が[[https://​dbsec2019.cse.sc.edu/​|DBSec 2019]]に採択されました. +  * 2019年12月 の論文"​Protecting ​Spatiotemporal Event Privacy in Continuous ​Location-Based Services"がIEEE Transactions on Knowledge and Data Engineering (TKDE)に採択されました. 
-  * 2019年 ​4月 浅田(3月修士修了生)の論文"​When and where do you want to hide? -- Recommendation of location privacy preferences with local differential privacy"​が[[https://​dbsec2019.cse.sc.edu/|DBSec 2019]]に採択されました. +  * 2019年12月 (D1)の論文"​Answering Event-Related Questions over Long-term News Article Archives"​が[[https://​ecir2020.org|The 42nd European Conference on Information Retrieval (ECIR2020)]]に採択されました. 
-  * 2019年 ​4月 Wiradee(D2)の論文"​Identifying Entity Properties from Text with Zero-shot Learning"​がACM ​SIGIR 2019に採択されました. +  * 2019年11月 Peng Chen(M2)の論文"​Conflict or Cooperation?:​ Predicting Future Tendency ofInternational Relations"が[[http://​www.sigapp.org/​sac/​sac2020/​|The 35th ACM/SIGAPP Symposium On Applied Computing (SAC 2020)]]に採択されました.
-  * 2019年 4月 浅野先生が東洋大学に転出されました. また,加藤先生が筑波大学に転出されました.+
   * 2015年8月 馬グループがGoogle Playにニュースアプリ[[https://​play.google.com/​store/​apps/​details?​id=jp.ac.kyoto_u.i.soc.db.android.salad&​hl=ja|News Salad]]を公開しました.   * 2015年8月 馬グループがGoogle Playにニュースアプリ[[https://​play.google.com/​store/​apps/​details?​id=jp.ac.kyoto_u.i.soc.db.android.salad&​hl=ja|News Salad]]を公開しました.
  
start.1561086988.txt.gz · 最終更新: 2019/06/21 12:16 by ylab