観光の光と影

観光客の増加

戦略的なビザ緩和、免税制度の拡充などの安部内閣の大胆な改革の成果により、観光客の数およびその経済は日に日に拡大しつつあります。観光庁では現在から 10年、 20年規模で目標が設定されており、観光客数や旅行消費額、外国人リピーター数の増加をそれぞれ数倍伸ばすことを掲げており、それを如何にして実現するかが問われています。

観光場所の偏り

観光庁によると訪日外国人観光客の宿泊先は東京や大阪、京都などの都市に集中しています。観光の場所や時期が都市部に集中されることで、地方への恩恵が限定的なものとなります。また、観光都市が限定されると観光の幅が狭まってしまうため観光客のリピーター率も低くなることが懸念されます。

広告の限界

地方の観光地ではそもそもその知名度をあげることがとても難しい状況になっています。東京や京都に比べ、鎌倉や奈良などは日本では有名な観光地にも関わらず、外国人観光客のほとんどは知りません。また、費用対効果の面でも訪日中の外国人に地方の PRすることは難しく、広告による知名度向上は難航を極めています。

観光 2.0

観光における様々な問題に対処するため、サービス提供側中心の観光 1.0 から利用者 ( ユーザ ) 主導の観光 2.0 へと進化していく必要がある。観光 2.0 ではユーザが自ら情報発信を行なって生成される UGC(User Generated Contents: ユーザ生成コンテンツ ) を情報資源として、低コスト・大規模かつタイムリーに地域やユーザの意見を収集・分析する。ユーザの観光体験に基づいて生成された UGC は、旅行プランニング、観光資源の再発見とプロモーションの重要な情報源となっている。また、これを背景にユーザ視点からの 観光知 の分析と活用、いわば観光知マイニングの研究が盛んに行われてきている。

広がる観光公害

観光客が増加する一方で観光客に対する不満も増加しています。ここ最近拡大している民泊では気軽に観光客を訪問させることができますが、観光客のマナーが同時に問われています。また、観光場所や時期が集中することで道路の渋滞や騒音など観光場所を支える地元住民への被害も大きくなることも問題となっています。

論文

  • 1. Kenki Nakamura, Qiang Ma: Context-Aware GANs for Image Generation from Multimodal Queries, DEXA2019 (to appear).
  • 2. Sheng Hu, Chuan Xiao, Jianbin Qin, Yoshiharu Ishikawa, and Qiang Ma: Autocompletion for Prefix-Abbreviated Input, SIGMOD 2019 (to appear).
  • 3. Junjie Sun, Chenyi Zhuang, and Qiang Ma. "Travel Route Recommendation by Considering User Transition Patterns." e-Review of Tourism Research 16.2/3, 2019
  • 4. 馬強,“観光の分散化と個人化の実現に向けたユーザ生成コンテンツの分析と利活用技術について”,システム/制御/情報 63巻1号:33-38, 2019
  • 5. Min Ge, Chenyi Zhuang, Qiang Ma, “Robust visual object clustering and its application to sightseeing spot assessment”, Multimedia Tools and Applications ():1-30, http://dx.doi.org/10.1007/s11042-018-7066-2, 2019
  • 6. Chenyi Zhuang, Qiang Ma:Dual Graph Convolutional Networks for Graph-Based Semi-Supervised Classification. WWW 2018: 499-508
  • 7. Yizhu Shen, Min Ge, Chenyi Zhuang, Qiang Ma: Sightseeing value estimation by analysing geosocial images. IJBDI 5(1/2): 31-48 (2018)
  • 8. Chenyi Zhuang, Qiang Ma, and Masatoshi Yoshikawa: SNS user classification and its application to obscure POI discovery, Multimedia Tools and Applications 76(4): 5461-5487,2017
  • 9. 馬強:観光情報学の最前線ー観光の分散化と個人化を促進する集合知活用情報技術ー,情報処理学会誌 58(3): 220 - 226,2017
  • 総務省 SCOPE(地域ICT振興型),「観光の個人化・分散化を実現するためのユーザ生成コンテンツの統合分析・共有基盤の構築」,2017-2020
  • 科学研究費補助金(挑戦的萌芽),「UGCを用いた人気度と観光価値の自動評価に基づく穴場観光スポットの発見」,2016-2019