日本語 / English
清水 敏之
E-mail: tshimizu AT i.kyoto-u.ac.jp


1981年生まれ。京都大学情報学研究科の助教です。学部時代(名古屋大学)は硬式テニス部に所属していました。出身は宮崎です。
学部時代の研究としては、「ディスカッションマイニング」と名づけて、ゼミ形式の議論を記録し、それを検索・要約できるようなシステムを提案し、試作しました。このシステムは学部時代の所属研究室である長尾研究室で現在も使用され、改良が続けられています。
修士時代の研究は、XML文書に対して木構造の索引を付与することでXPathによる検索を高速化することを考えました。XML文書に対して構造を対象とするような検索(XPathにおける /A/B//C など)だけでなく、XML文書中のテキストに着目した、全文検索(/A/B/C[contains(.,'text')] など)を高速化することを考えました。索引の実装にはGiSTを用い、B+木にのった実用的なXML索引を提案しました。
博士論文ではXML全文検索やXML情報検索を扱い、XML全文索引の話題に加え、XML情報検索システムの構築や、XML情報検索への利得と閲覧コストの概念の導入を行いました。INEXに参加してXML情報検索システムの評価を行い、また検索速度にも着目しました。さらに、利得と閲覧コストの導入により、XML情報検索の検索結果の取得と評価に新たな枠組みを提案しました。
現在は、XML検索に関する研究とともに、DIAS(データ統合・解析システム)のプロジェクトメンバーとして地球科学データに対するメタデータ管理システムの研究開発に従事しています。
  • Hideaki Ohashi, Toshiyuki Shimizu, and Masatoshi Yoshikawa, ``Flexible Similarity Search for Enriched Trajectories,'' 11th International Workshop on Spatial and Spatiotemporal Data Mining (SSTDM 2016), pp. 1139–1144, Barcelona, Spain, December 12, 2016.
  • Yu Nakano, Toshiyuki Shimizu, and Masatoshi Yoshikawa, ``A Visualization of Relationships Among Papers Using Citation and Co-citation Information,'' 18th International Conference on Asia-Pacific Digital Libraries (ICADL 2016), Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Springer-Verlag, Vol. 10075, pp. 157–163, Tsukuba, Japan, December 8, 2016. (short paper)
  • Youichi Ishida, Toshiyuki Shimizu, and Masatoshi Yoshikawa, ``A Keyword Recommendation Method Using CorKeD Words and Its Application to Earth Science Data,'' 11th Asia Information Retrieval Societies Conference (AIRS 2015), Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Springer-Verlag, Vol. 9460, pp. 96-108, Brisbane, Australia, December 2, 2015. (29/92 = 32%)
  • Shuhei Shogen, Toshiyuki Shimizu, and Masatoshi Yoshikawa, ``Enrichment of Academic Search Engine Results Pages by Citation-based Graphs,'' 11th Asia Information Retrieval Societies Conference (AIRS 2015), Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Springer-Verlag, Vol. 9460, pp. 56-67, Brisbane, Australia, December 2, 2015. (29/92 = 32%)
  • Jiyi Li, Yasuhito Asano, Toshiyuki Shimizu, and Masatoshi Yoshikawa, ``A Dynamic-Static Approach of Model Fusion for Document Similarity Computation,'' 16th International Conference on Web Information Systems Engineering (WISE 2015), Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Springer-Verlag, Vol. 9418, pp. 353-368, Miami, USA, November 2, 2015. (53/171 = 31%)
  • Jiyi Li, Toshiyuki Shimizu, and Masatoshi Yoshikawa, ``Document Similarity Computation by Combining Multiple Representation Models,'' 16th IEEE/ACIS International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing (SNPD 2015), pp. 1-6, Takamatsu, Japan, June 1, 2015.
  • Yuhei Kawakami, Atsuto Nishida, Toshiyuki Shimizu, and Masatoshi Yoshikawa, ``Axis-based Alignment of Scholarly Papers and Its Presentation Slides Considering Document Structure,'' 16th International Conference on Asia-Pacific Digital Libraries (ICADL 2014), Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Springer-Verlag, Vol. 8839, pp. 87-97, Chiang Mai, Thailand, November 7, 2014. (20/79 = 25%)
  • Naoki Tsujio, Toshiyuki Shimizu, and Masatoshi Yoshikawa, ``A Method for Fine-Grained Document Alignment Using Structural Information,'' 16th Asia-Pacific Web Conference (APWeb 2014), Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Springer-Verlag, Vol. 8709, pp. 201-211, Changsha, China, September 6, 2014. (34/134 = 25%)
  • Hiroko Kinutani, Toshiyuki Shimizu, Jiyi Li, and Masatoshi Yoshikawa, ``DIAS Data Release and the Cooperation Among Data Centers by Metadata,'' AOGS 11th Annual Meeting, IG32-ST31-AS53-A011, Sapporo, Japan, August 1, 2014. [abstract]
  • Toshiyuki Shimizu, Tomo Sueki, and Masatoshi Yoshikawa, ``Supporting Keyword Selection in Generating Earth Science Metadata,'' 37th Annual IEEE Computer Software and Applications Conference (COMPSAC 2013), pp. 603-604, Kyoto, Japan, July 25, 2013. (Fast Abstract)
  • Tsubasa Tanabe, Toshiyuki Shimizu, and Masatoshi Yoshikawa, ``Effective Keyword-Based XML Retrieval Using the Data-Centric and Document-Centric Features,'' 8th Asia Information Retrieval Societies Conference (AIRS 2012), Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Springer-Verlag, Vol. 7675, pp. 427-436, Tianjin, China, December 18, 2012. (poster)
  • Ryo Aoto, Toshiyuki Shimizu, and Masatoshi Yoshikawa, ``Propagation of Multi-granularity Annotations,'' 22nd International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2011), Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Springer-Verlag, Vol. 6861, pp. 589-603, Toulouse, France, September 2, 2011.
  • Tetsutaro Motomura, Toshiyuki Shimizu, and Masatoshi Yoshikawa, ``Alternative Query Generation for XML Keyword Search and Its Optimization,'' 22nd International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2011), Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Springer-Verlag, Vol. 6860, pp. 410-424, Toulouse, France, August 30, 2011.
  • Masashi Tatedoko, Toshiyuki Shimizu, Akinori Saito, and Masatoshi Yoshikawa, ``A Retrieval Method for Earth Science Data Based on Integrated Use of Wikipedia and Domain Ontology,'' 21st International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2010), Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Springer-Verlag, Vol. 6262, pp. 277-284, Bilbao, Spain, September 2, 2010. (short paper)
  • Umaporn Supasitthimethee, Toshiyuki Shimizu, Masatoshi Yoshikawa, and Kriengkrai Porkaew, ``Meaningful Interrelated Object Tree for XML Keyword Search,'' 2nd International Conference on Computer and Automation Engineering (ICCAE 2010), pp. 339-344, Singapore, February 27, 2010. (230/760 = 30%)
  • Mika Ichino, Hiroko Kinutani, Masafumi Ono, Toshiyuki Shimizu, Masatoshi Yoshikawa, Kooiti Masuda, Kazuyo Fukuda, and Haruko Kawamoto, ``A Document Centric Metadata Registration Tool Constructing Earth Environmental Data Infrastructure,'' AGU Fall Meeting 2009 (Session IN23B), San Francisco, California, USA, December 15, 2009. (poster)
  • Hiroko Kinutani, Masafumi Ono, Toshiyuki Shimizu, Masashi Tatedoko, and Masatoshi Yoshikawa, ``Toward Integrated Management of Earth System Data - 2. A Document Centric Metadata Registration Tool -,'' 6th GEWEX and 2nd iLEAPS Joint Science Conferences, Melbourne, Australia, August 25, 2009. (poster) [poster]
  • Umaporn Supasitthimethee, Toshiyuki Shimizu, Masatoshi Yoshikawa, and Kriengkrai Porkaew, ``An Extension of LCA based XML Keyword Search,'' International Workshop on Information-explosion and Next Generation Search (INGS 2008), pp. 104-111, Shenyang, China, April 26, 2008.
  • Toshiyuki Shimizu and Masatoshi Yoshikawa, ``Dynamic Focused Retrieval of XML Documents and Its Evaluation,'' Workshop on Novel Methodologies for Evaluation in Information Retrieval, Glasgow, United Kingdom, March 30, 2008. [paper]
  • Toshiyuki Shimizu and Masatoshi Yoshikawa, ``A Ranking Scheme for XML Information Retrieval Based on Benefit and Reading Effort,'' 10th International Conference on Asian Digital Libraries (ICADL 2007), Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Springer-Verlag, Vol. 4822, pp. 230-240, Ha Noi, Viet Nam, December 12, 2007. (41/154 = 27%) [paper] [slides]
  • Toshiyuki Shimizu and Masatoshi Yoshikawa, ``XML Information Retrieval Considering Physical Page Layout of Logical Elements,'' 10th International Workshop on the Web and Databases (WebDB 2007), Beijing, China, June 15, 2007. (demo) [paper]
  • Toshiyuki Shimizu, Norimasa Terada, and Masatoshi Yoshikawa, ``Kikori-KS: An Effective and Efficient Keyword Search System for Digital Libraries in XML,'' 9th International Conference on Asian Digital Libraries (ICADL 2006), Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Springer-Verlag, Vol. 4312, pp. 390-399, Kyoto, Japan, November 29, 2006. (46/170 = 27%) [paper] [slides]
  • Kei Fujimoto, Toshiyuki Shimizu, Norimasa Terada, Kenji Hatano, Yu Suzuki, Toshiyuki Amagasa, Hiroko Kinutani, and Masatoshi Yoshikawa, ``Implementation of a High-Speed and High-Precision XML Information Retrieval System on Relational Databases,'' 4th International Workshop of the Initiative for the Evaluation of XML Retrieval (INEX 2005), Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Springer-Verlag, Vol. 3977, pp. 254-267, Dagstuhl Castle, Germany, November 28-30, 2005.
  • Toshiyuki Shimizu and Masatoshi Yoshikawa, ``Full-Text and Structural XML Indexing on B+ Tree,'' 16th International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2005), Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Springer-Verlag, Vol. 3588, pp. 451-460, Copenhagen, Denmark, August 24, 2005. (92/390 = 24%) [paper] [slides]
  • Kei Fujimoto, Toshiyuki Shimizu, Dao Dinh Kha, Masatoshi Yoshikawa, and Toshiyuki Amagasa, ``A Mapping Scheme of XML Documents into Relational Databases using Schema-based Path Identifiers,'' International Workshop on Challenges in Web Information Retrieval and Integration (WIRI 2005), Tokyo, Japan, April 8, 2005. (14/47 = 30%)
  • Kei Fujimoto, Toshiyuki Shimizu, Dao Dinh Kha, Masatoshi Yoshikawa and Toshiyuki Amagasa, ``Efficient Storage of XML Documents in Relational Databases,'' 7th International Conference of Asian Digital Libraries (ICADL 2004), Shanghai, China, December 15, 2004. (poster)
  • 中野 優, 清水 敏之, 吉川 正俊, ``共引用情報を利用した論文関係グラフの提示,'' 第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2016), 2016年3月1日.
  • 大橋 英明, 清水 敏之, 吉川 正俊, ``動的属性付き軌跡データの類似検索,'' 第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2016), 2016年3月1日. 学生プレゼンテーション賞受賞
  • 清水 敏之, 小野 雅史, 北本 朝展, 絹谷 弘子, 黒岩 かおり, 中原 陽子, 三浦 聡子, 吉川 正俊, 李 吉屹, ``メタデータ管理による地球科学データの共有に向けたDIASの取り組み,'' 日本地球惑星科学連合2015年大会(JpGU Meeting 2015), 2015年5月28日. [abstract]
  • 坂本 祥之, 清水 敏之, 吉川 正俊, ``講義プレゼンテーションスライド部分対応付けを用いた学習支援,'' 情報処理学会第77回全国大会, 2015年3月19日.
  • 正元 修平, 清水 敏之, 吉川 正俊, ``引用関係に基づくグラフの付与による文献検索エンジンの高機能化,'' 情報処理学会第77回全国大会, 2015年3月19日.
  • 川上 優平, 清水 敏之, 吉川 正俊, ``論文とプレゼンテーションスライドの部分対応付けにおける軸対応補正の適用,'' 情報処理学会第77回全国大会, 2015年3月19日.
  • 石田 陽一, 清水 敏之, 吉川 正俊, ``分野特徴語を利用した地球科学データに対するキーワード推薦手法,'' 情報処理学会第77回全国大会, 2015年3月18日.
  • Jiyi Li, Toshiyuki Shimizu, Yasuhito Asano, and Masatoshi Yoshikawa, ``Improving Document Similarity Computation by Model Performance Prediction,'' 第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2015), 2015年3月3日.
  • 石田 陽一, 清水 敏之, 吉川 正俊, ``地球科学データに対するキーワード推薦手法,'' ARG 第5回Webインテリジェンスとインタラクション研究会, 2014年11月22日.
  • 正元 修平, 清水 敏之, 吉川 正俊, ``文献検索エンジン結果ページへの引用関係に基づくグラフの付与,'' 第7回Webとデータベースに関するフォーラム(WebDB Forum 2014), 2014年11月20日.
  • 吉川 正俊, 清水 敏之, 李 吉屹, 中原 陽子, 絹谷 弘子, ``DIASメタデータシステムの開発,'' 日本地球惑星科学連合2014年大会(JpGU Meeting 2014), 2014年5月1日. [abstract]
  • 絹谷 弘子, 清水 敏之, Jiyi Li, 中原 陽子, 吉川 正俊, 喜連川 優, 小池 俊雄, ``データ提供者のポリシーを考慮したDIASによる地球観測事業データプロダクト公開,'' 日本地球惑星科学連合2014年大会(JpGU Meeting 2014), 2014年4月28日. (ポスター発表) [abstract]
  • 石田 陽一, 清水 敏之, 吉川 正俊, ``地球科学データに対するタグと検索語の推薦手法,'' 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2014), 2014年3月5日. 学生プレゼンテーション賞受賞
  • 正元 修平, 清水 敏之, 難波 英嗣, 吉川 正俊, ``共引用テキストを利用した論文間の関係抽出,'' 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2014), 2014年3月4日.
  • 坂本 祥之, 清水 敏之, 吉川 正俊, ``プレゼンテーションスライドに対する分割手法の提案と講義スライドへの応用,'' 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2014), 2014年3月3日.
  • 川上 優平, 清水 敏之, 吉川 正俊, ``論文とプレゼンテーションスライドの部分対応付けにおける粒度の検証,'' 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2014), 2014年3月3日.
  • Jiyi Li, Toshiyuki Shimizu, Masatoshi Yoshikawa, ``Semantic Knowledge Base Construction from Domain-Specified Metadata,'' 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2014), 2014年3月3日.
  • 絹谷 弘子, 清水 敏之, 吉川 正俊, 喜連川 優, 小池 俊雄, ``DIASによる地球観測事業データプロダクトのメタデータ収集,'' 日本地球惑星科学連合2013年大会(JpGU Meeting 2013), 2013年5月19日. [abstract]
  • 西田 惇人, 清水 敏之, 吉川 正俊, ``論文とスライドの部分対応付け手法,'' 第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2013), 2013年3月4日.
  • 坂本 祥之, 清水 敏之, 吉川 正俊, ``プレゼンテーションスライドからの構成抽出,'' 第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2013), 2013年3月4日.
  • 梅原 佳宏, 清水 敏之, 吉川 正俊, ``地球科学データと学術論文の対応付け獲得に向けた事例調査,'' 第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2013), 2013年3月4日. 学生プレゼンテーション賞受賞
  • 辻尾 尚樹, 清水 敏之, 吉川 正俊, ``構造を利用した文書間の細粒度対応付け手法,'' 第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2013), 2013年3月3日.
  • 田邊 翼, 清水 敏之, 吉川 正俊, ``キーワードの役割と要素の特性を考慮したXML検索,'' 第5回Webとデータベースに関するフォーラム(WebDB Forum 2012), 2012年11月20日. 企業賞(サイボウズ賞)受賞
  • 絹谷 弘子, 清水 敏之, 根本 利弘, 吉川 正俊, 喜連川 優, 小池 俊雄, ``DIAS公開データとその分野横断的な利用,'' 日本地球惑星科学連合2012年大会(JpGU Meeting 2012), 2012年5月21日. (ポスター発表) [abstract]
  • 田邊 翼, 清水 敏之, 吉川 正俊, ``XMLキーワード検索における要素の特性を考慮した検索結果の構築,'' 第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2012), 2012年3月5日.
  • 梅原 佳宏, 清水 敏之, 吉川 正俊, ``地球科学データと学術論文の関連付け,'' 第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2012), 2012年3月4日.
  • 冨田 典也, 清水 敏之, 齊藤 昭則, 吉川 正俊, ``重要度と時空間近接度を統合した地球科学データのランキング手法,'' 第4回Webとデータベースに関するフォーラム(WebDB Forum 2011), 2011年11月4日.
  • 絹谷 弘子, 清水 敏之, 吉川 正俊, 喜連川 優, 小池 俊雄, ``DIASにおける地球科学データ公開,'' 日本地球惑星科学連合2011年大会(JpGU Meeting 2011), 2011年5月27日. (ポスター発表) [abstract]
  • 冨田 典也, 齊藤 昭則, 清水 敏之, 吉川 正俊, ``重要度と時空間近接度に基づいた地球科学データの推薦,'' 第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2011), 2011年2月28日.
  • 田邊 翼, 清水 敏之, 吉川 正俊, ``キーワード検索における検索結果の拡張,'' 第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2011), 2011年2月27日.
  • 青戸 了, 清水 敏之, 吉川 正俊, ``データ変遷において生じる注釈の不整合に関する分析,'' 第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2011), 2011年2月27日.
  • 絹谷 弘子, 清水 敏之, 吉川 正俊, 喜連川 優, ``DIASにおける多分野研究者連携による地球科学データ公開に向けた協働,'' 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.110, No.328, DE2010-33, pp. 45-50, 2010年12月6日.
  • 清水 敏之, 絹谷 弘子, 吉川 正俊, ``多様な地球科学データに対する俯瞰・検索システムの開発,'' 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.110, No.328, DE2010-32, pp. 39-44, 2010年12月6日.
  • 本村 徹太郎, 清水 敏之, 吉川 正俊, ``XMLデータに対するキーワード検索結果の理解支援,'' 情報処理学会研究報告, Vol.2010-DBS-151, No.29, pp. 1-8, 2010年11月13日.
  • 清水 敏之, ``DIASにおけるメタデータの作成と検索,'' 第154回生存圏シンポジウム「メタ情報のデータベースを利用した分野横断型地球科学研究の進展」, 2010年8月17日. (招待講演)
  • 絹谷 弘子, 清水 敏之, 吉川 正俊, 小野 雅史, 福田 和代, 市野 美夏, 川本 温子, ``地球環境データ統融合利用促進に向けたドキュメントセントリックメタデータ作成と検索,'' 日本地球惑星科学連合2010年大会(JpGU Meeting 2010), 2010年5月27日. (ポスター発表) [abstract]
  • 絹谷 弘子, 清水 敏之, 吉川 正俊, 喜連川 優, ``地球観測データに対するメタデータ登録システムの構築 -データセットドキュメントメタファを利用したメタデータ登録-,'' 情報処理学会第72回全国大会, 2010年3月9日.
  • 本村 徹太郎, 清水 敏之, 吉川 正俊, ``XMLデータに対するキーワード検索結果の分類とそれに基づく理解支援,'' 第2回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2010), 2010年3月1日.
  • 青戸 了, 清水 敏之, 増田 耕一, 吉川 正俊, ``履歴情報管理システムのための多粒度アノテーション伝播,'' 第2回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2010), 2010年3月1日. 優秀インタラクティブ賞受賞
  • 立床 雅司, 齊藤 昭則, 清水 敏之, 吉川 正俊, ``Wikipediaとドメインオントロジーの統合利用による地球科学データ推薦手法,'' 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.109, No.186, DE2009-18, pp. 39-43, 2009年9月7日.
  • 清水 敏之, 吉川 正俊, ``XML情報検索システムの検索結果に対する入れ子を考慮した順序付け,'' 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.107, No.131, DE2007-67, pp. 271-275 / 情報処理学会研究報告, Vol.2007, No.65, 2007-DBS-143, pp. 271-275, 2007年7月3日 (DBWS 2007). 学生奨励賞受賞
  • 寺田 憲正, 清水 敏之, 吉川 正俊, ``内容と構造を指定したXML文書検索,'' 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.106, No.148, DE2006-48, pp. 157-162 / 情報処理学会研究報告, Vol.2006, No.77, 2006-DBS-140(I), pp. 193-200, 2006年7月12日 (DBWS 2006).
  • 山本 大介, 清水 敏之, 大平 茂輝, 長尾 確, ``Synvie:ブログの仕組みを利用したマルチメディアコンテンツ配信システム,'' 情報処理学会第68回全国大会, 2006年3月7日.
  • 江田 毅晴, 清水 敏之, ``XMLデータベース技術に関する研究動向 -研究の流れとXML索引付け-,'' 電子情報通信学会第17回データ工学ワークショップ (DEWS 2006), 2006年3月1日. (ミニサーベイ) [slides]
  • 藤本 圭, 清水 敏之, 波多野 賢治, 鈴木 優, 天笠 俊之, 絹谷 弘子, 吉川 正俊, ``XML情報検索システムとその高速化に関する研究,'' 電子情報通信学会第17回データ工学ワークショップ (DEWS 2006), 2006年3月3日. [paper]
  • 山本 大介, 清水 敏之, 大平 茂輝, 長尾 確, ``Synvie:ブログの仕組みを利用したマルチメディアコンテンツ配信システム,'' 情報処理学会 DBS138/GN58/BCC13合同研究会, 2006年1月26日.
  • 藤本 圭, 杉木 健二, 清水 敏之, 松原 茂樹, 天笠 俊之, 波多野 賢治, 吉川 正俊, ``XMLを用いた論文検索システム,'' 第28回電子図書館ワークショップ (DLW28), 2005年8月24日.
  • 清水 敏之, 吉川 正俊, ``XML文書の内容および構造検索のためのB+木索引,'' 電子情報通信学会第16回データ工学ワークショップ (DEWS 2005), 2005年3月2日. 優秀論文賞受賞 [paper]
  • 清水 敏之, 吉川 正俊, ``文書スキーマに基づくラベル付け手法を用いたXML文書のための索引構造,'' 電子情報通信学会第15回データ工学ワークショップ (DEWS 2004), 2004年3月6日. [paper]
  • 藤本 圭, 清水 敏之, 吉川 正俊, ``文書スキーマに基づくノード識別子を用いた関係データベースへのXML文書の効率的な格納,'' 電子情報通信学会第15回データ工学ワークショップ (DEWS 2004), 2004年3月6日. [paper]
  • 清水 敏之, 長尾 確, ``ディスカッションマイニング -議論からの知識発見-,'' 情報処理学会第65回全国大会, 2003年3月27日. [paper]
  • Toshiyuki Shimizu, ``A Study on Document-Centric XML Search,'' Doctor’s Thesis, Graduate School of Informatics, Kyoto University, 2008.
  • Toshiyuki Shimizu, ``XML Indexing on B+ Tree for Content and Structural Search,'' Master’s Thesis, Graduate School of Information Science, Nagoya University, 2005.
  • 清水 敏之, ``議事録アノテーションによる議論の支援と再利用に関する研究,'' 卒業論文, 情報工学, 名古屋大学, 2003. [paper]
  • VLDB 2007, ICDE 2007, DASFAA 2005, ICWS 2005, VLDB 2004, XSym 2004, ...
  • 2009年6月 TOEIC 855点
  • 2007年6月 ソフトウェア開発技術者 第SW-2007-04-04788号
  • 2006年11月 基本情報処理技術者 第FE-2006-10-13706号
プログラミング言語: Java >>>> C++, C > PHP
開発環境: Eclipse
Webシステム開発: Servlet >> JSP > PHP
関係データベース: PostgreSQL >> MySQL > Oracle
XMLデータベース: Xindice >> Esterra
OS: Windows >>> Linux
その他: LaTeX, HTML, CSS, JavaScript
2011年7月 - 現在: 京都大学 情報学研究科 助教
2011年4月 - 2011年7月: 京都大学 情報学研究科 特定助教
2009年4月 - 2011年3月: 京都大学 情報学研究科 特定助教(産官学連携)
2008年4月 - 2009年3月: 日本学術振興会特別研究員 (PD), アリゾナ大学 客員研究員
2007年4月 - 2008年3月: 日本学術振興会特別研究員 (DC2)
2006年4月 - 2007年3月: 京都大学 COE 「知識社会基盤構築のための情報学拠点形成」リサーチ・アシスタント
2005年4月 - 2006年3月: 名古屋大学 COE 「社会情報基盤のための音声・映像の知的統合」リサーチ・アシスタント
2006年4月 - 2008年3月: 京都大学大学院 情報学研究科 社会情報学専攻 博士後期課程
2005年4月 - 2006年3月: 名古屋大学大学院 情報科学研究科 社会システム情報学専攻 博士後期課程
2003年4月 - 2005年3月: 名古屋大学大学院 情報科学研究科 社会システム情報学専攻 博士前期課程
1999年4月 - 2003年3月: 名古屋大学 工学部 電気電子・情報工学科
1996年4月 - 1999年3月: 宮崎西高校 理数科