「データベースの基礎」 詳細目次

第1章 データベースの概念
	1.1 データ管理のために必要な機能
	1.2 表計算ソフトとデータベースシステムの違い
	1.3 データベースとデータベース管理システム
	1.4 基幹系処理と情報系処理
	1.5 データモデル
		1.スキーマとインスタンス
		2.データベース言語と問合せ言語
	1.6 データ独立性
		1.論理的データ独立性
		2.物理的データ独立性
	1.7 データベース管理システム
	1.8 データベースの歴史
		1.磁気ディスク出現前
		2.磁気ディスクを用いた初期のシステム
		3.関係データベース
		4.オブジェクト指向データベースからオブジェクト関係データベースへ
		5.データウェアハウス
		6.大量データを扱う多様なデータベース
	演習問題

第2章 関係データベース
	2.1 関係データモデル
		1.関係
		2.関係スキーマ
		3.関係データベース
		4.ビュー
	2.2 非正規関係
	演習問題

第3章 関係代数
	3.1 関係代数の演算
		1.通常の集合演算
		2.関係データベース特有の演算
	3.2 最小限必要な関係代数演算
	3.3 関係代数式
	3.4 等価な関係代数式
	3.5 問合せによるビューの定義
	3.6 ビュー更新問題
	3.7 関係論理
	3.8 関係完備
	演習問題

第4章 SQL
	4.1 SQLのデータモデル
	4.2 SQLのデータ定義言語
	4.3 ナル値
	4.4 問合せの基本
		1.関係代数演算の表現
		2.SELECT 文の概要
		3.単純なSELECT 文? 射影,選択,属性名変更
		4.結合,直積を含む問合せ
		5.集合演算
	4.5 ビュー
	4.6 SQLの更新操作
		1.変更
		2.挿入
		3.削除
	4.7 ナル値に関する述語と演算
		1.ナル値の述語
		2.ナル値に関する演算
	4.8 副問合せ
	演習問題

第5章 概念スキーマ設計
	5.1 データ従属性と情報無損失分解
		1.関数従属性
		2.結合従属性と多値従属性
	5.2 データ従属性を用いた正規化
		1.関係データベーススキーマの変換
		2.分解法を用いたボイス?コッド正規形への情報無損失分解
		3.第3正規形
		4.第2正規形
		5.情報無損失かつ従属性保存を満たす第3正規形を求める合成法
		6.第4正規形と第5正規形
	5.3 ERモデルの概要
		1.実体
		2.関連
		3.弱実体と弱関連
		4.実体型のIsA階層
		5.ER図の例
		6.ERスキーマから関係データベーススキーマへの変換
	5.4 スキーマの進化を考慮した設計
	演習問題

第6章 意思決定支援のためのデータベース
	6.1 SQLの集約関数とGROUP BY
	6.2 業務データベース上での集計処理
	6.3 多次元データモデル
	6.4 関係データベースにおける多次元データの扱い
		1.次元表と事実表
		2.スタースキーマ
		3.SQLにおけるCUBEを用いた集計
	演習問題

第7章 データの格納と問合せ処理
	7.1 記憶装置の基本的事項
	7.2 ブロックを単位とする記憶装置のモデル化
	7.3 関係表のページへの分割
	7.4 順次探索と直接探索
	7.5 順ファイルとソートフィールド
	7.6 索引
	7.7 木構造索引
	7.8 B+木
		1.B+木の構造
		2.B+木の挿入アルゴリズム
		3.B+木の削除アルゴリズム
	7.9 ハッシュファイル
	7.10 ファイル編成
		1.種々の索引
		2.索引の作成
	7.11 問合せ処理
		1.論理的問合せ最適化
		2.物理的問合せ最適化
		3.統計情報を用いた最適化の例
		4.選択演算処理
		5.結合演算処理
	演習問題

第8章 トランザクション
	8.1 トランザクションの必要性
	8.2 SQL のトランザクション管理
	8.3 トランザクションの定義
	8.4 並行処理制御
		1.最終状態直列化可能性
		2.衝突直列化可能性
		3.並行制御アルゴリズム
	8.5 トランザクションの回復
		1.スケジュールの回復可能性
		2.トランザクションの回復処理
		3.厳密なスケジュール
	8.6 隔離性水準
		1.隔離性水準の危険性
		2.標準SQLの隔離性水準
	演習問題

演習問題略解

Masatoshi Yoshikawa